プレミアム飲食券で混乱…市長陳謝 鶴岡市

写真拡大

山形県鶴岡市では、営業自粛が続いた飲食店などを支援するプレミアム飲食券の販売が23日、ドライブスルー方式で始まりました。ところが、激しい渋滞で混乱し、市長が陳謝する事態となりました。

このプレミアム飲食券は、6000円分の飲食券が、半額の3000円で購入できるもので、密集を避けるため、ドライブスルー方式で販売が始まりました。

ところが、会場には車が殺到し、周辺の道路で約4キロの渋滞が起きる混乱となりました。

鶴岡市・皆川治市長「結果としては、こちらの見通しの甘さで、近隣に渋滞が引き起こされてしまい、大変申し訳なく思っております」

鶴岡市には400件以上の苦情が寄せられました。このため、25日(月)からはドライブスルー方式から、応募による抽選での販売に切り替えられます。