札幌市の一軒家で猫238匹を保護 2階の床には大量の骨が散らばる

ざっくり言うと

  • 札幌市北区の一軒家で3月末に猫238匹が保護されていたことが20日、分かった
  • 十分に飼育ができない「多頭飼育崩壊」の状態に陥っていたとみられる
  • 住んでいた夫婦らは3月末に退去、2階の床には猫の骨が大量に散らばっていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x