費用約1億円で築48年の分譲マンションを解体 全国初の行政代執行

ざっくり言うと

  • 滋賀県野洲やす市は25日、築48年の分譲マンションの解体工事を始めた
  • 空家対策特別措置法に基づく、行政代執行での解体は全国初とみられる
  • 区分所有者の一部と連絡が取れず、費用約1億円の回収のめどはたっていない

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x