裁判でも一切反省の弁を口にしなかった小島

写真拡大

「むしゃくしゃした出来事」と題されたこの手記には、2018年6月9日の凶行を決めた2日間が記される。長野県木曽郡でホームレス生活を送っていた彼に何があったのか。接見を重ね、手記を託されたインべカヲリ★氏の解説とともに掲載する。

 ***

【直筆画像】「むしゃくしゃした出来事」と題された小島一朗の手記

 祖母と最後の電話をしたと捜査資料にあるから、おそらく平成30年3月16日なのだろう。この日から絶食をやめて、食べ物を口にするようになった。

 まず砂糖をスポーツドリンクで流し込むことから始めて、レトルトパックのおかゆ、雑炊に移り、カップ麺やパンに移っていく。

 コンビニで袋いっぱいに食べ物を買って、長野県木曽郡上松町にある寝覚(ねざめ)の床(とこ)美術公園の「裏寝覚」にある東屋(あずまや)に戻り、少しずつ食べて、お腹いっぱいになったら眠る。23日に木曽署の近くの銭湯で量った体重は45kgだから、16日の体重は、それよりも軽いはずだ。あと何日、どれだけ生きていられたかは分からない。それからは食べ物がなくなる度に、買いに行っていたから、けっこうな量を食べていたのではないか。しかし、吐いたり下したりで、全部は吸収できていない。腸捻転や腸閉塞にならなかったのは幸運だった。

裁判でも一切反省の弁を口にしなかった小島

 19日から22日までの4日間、雨が降ることをスマホで知った。23日には裏寝覚を出ようとしていた。

 16日の電話の後から、私は物を食べながら、新幹線の中で人を殺す計画を立てていた。この頃は品川から新横浜までの間で殺(や)ろうと考えているなど、最終的な計画とは少し違う。

 電話の後は、もう家族に迷惑が掛かるなどということは問題にならなくて、あとは私の心の倫理的な問題だけだった。果して見ず知らずの人を殺すことは赦(ゆる)されるのか。法によって許される、のではなく、私自身が赦すのかという問題だ。

 見ず知らずの人を殺すにはもう少し、何かがなければならないのではないか。その何かは、まだ私にはない。何かが起こってくれればよいのだが。

 餓死しようとしたのは家族のためで、本当は刑務所に入りたい。でなければわざわざ時間の掛かる餓死など選ぶものか。それに本当に3カ月何も食べていないのなら生きているはずがない。食べる機会があれば、しっかりと飲み込み、吐き出したりしない。本当はまったく死にたくないのだ。

 刑務所に入るのは子供の頃からの夢である。これを叶えずにどうして死ねようか。そして「むしゃくしゃした出来事」が起きた。

警察との攻防

 3月21日の朝、木曽署の警察官が3人来た。最初は友好的に職務質問が始まった。名前は? 住所は? 職業は? 家族は? どう生活している?

 雨の中、この東屋から出ていくことを迫られるが、断った。誓約書を書く。確か内容は「2018年の3月19日から4日間、雨が降り続きますが、私は危険を承知でここに居るので、何があっても誰にも責任を問いません」だ。

 これを役所の人が見る。はねつけられた。警察は態度を変えて、友好的ではなくなった。私は雨が止んだら出ていく、と言ったが、警察官はいますぐ出ていけという。その後は、

「出ていけ、邪魔だ、迷惑」

「断る。雨が止んだら、出ていきます」

 といったやりとりだ。

「雨に濡れることだけではない。地面が濡れていたり視界が悪く危険だから、出ていくことはできない。晴れたら、出ていきます」

「上にある森林鉄道が展示されている屋根の下で雨宿りをしたらいい」

「ここが危険なら、そこも危険である。私は夏の台風もここで過ごしたのだ。ここは経験的に、相対的に安全である。私の命に一番責任を持っているのは私だ。どうするかは私が決める」

「ねざめホテルに泊まったらいい」

「そんなことに遣うお金はない。私はホームレスなのだから。いっときのために、千秋の苦しみを味わう訳にはいかない。私の人生はこれからもまだまだ長いのだから」

 さらに私は言った。

「私には生存権がある」

「この場合はあたらない」

「ホームレスが立ち退きを迫られた時に、断る理由としてよく使われるのが生存権だ。だから私も生存権を主張する。この雨の中、屋根のある下から立ち退かそうとするのは人道にもとる。血も涙もないのか」

 警察官が私の荷物を勝手に取って、挑発してきた。

「返してほしかったら、ここまでおいで」

「ホームレス自立支援法第11条に基づいて、まず社会の福祉を尽くしてから、法令の規定に沿って排除してください。生活保護の話をして、それでも私が受け入れなかったら、行政代執行してください。いついつまでに立ち退けと書面で告知してください」

「それは警察の仕事か」

「警察の仕事でないとしたら、私の相手をするのは貴方の仕事ではない。貴方の仕事は、その仕事をするところへ、私のことを引き継ぐことだ」

「お前をどかすのが警察の仕事だ」

「私には生存権がある。私は生きた人間であって、しかも日本国民です。基本的人権に守られています」

「権利、権利ばかり主張して義務を果たしているか?」

「生存権、その基本的人権は生まれながらにして持っている権利であって、何かの義務を果たさなければ与えられない権利ではない。貴方は警察官でしょう。公務員には憲法を守る義務がある。憲法は基本的人権を保障している。貴方は警察官としての立場があるのだから、私の基本的人権を守る義務があるんだ」

「なら、制服を脱いだらやっていいんだな」

「どうして制服を脱いだらやっていいことになりますか。制服を脱いだら法律を守らなくてもよいのなら、どうして制服を着ていない私が法律を守っていないからといって咎められるのか。また私が法律を守っていないから貴方も法律を守らなくてもよいと言うなら、貴方が法律を守っていないから、私も守らなくていいことになる。貴方が私に法律を守らせたいのなら、まず貴方が法律を守らなければならない」

「口だけは達者だな」

「達者だということは私が正しいと認めるんだな。なら、法の手続きに沿って排除してくれ」

「よく分からないけど、間違っていると思うよ」

「貴方は自分に自信がないようだが、ハッキリ言おう。私は正しい」

 そう言ったら、警察が私の手に持っていた自転車のサイドバッグを無理矢理奪い取った。その時に私の右手の人差し指から薬指までの3本にある爪がめくれて出血した。

「ううっ」

「大丈夫か。病院に行くか?」

「断る」

 警察の行動はエスカレートしてくる。職務質問で注意を引くために肩をつかんだりすることは認められているが、どついたり、ゆさぶったり、引き倒したりすることは、違法ではないだろうか。

 また、私は自分の荷物をすべて一度見せているのだから、突然、荷物を奪い取ることも違法ではないのか。しかもその目的は中身を見ることではなく、私を挑発することにあるのだ。

 雨が一時的に止んだのと、警察官が怖かったので、その日は上の森林鉄道が展示されている屋根の下に移動した。

「もう入らないと約束しろ」

「しばらくは入りません」

 19時、再び裏寝覚の東屋に戻った。

反省も更生もしない

 翌朝、役所の人が来る。

「もう入らないと言ったじゃないか」

「しばらくは入りません、と言った。しばらくとは3時間のことだ。カントは嘘をつくことを道徳的に認めていないが、言い逃れをすることは認めている。雨が止んだら、出て行く。天気予報によれば、明日には止みますから。今日はここで雨宿りさせてください」

 役所の人は警察に通報した。

「入るなと言っただろう」

「上では雨に濡れるから入った。ここの方が安全である。これは緊急避難だ」

「意地になっているのか?」

「意地になっているのは貴方かもしれない。それはフロイトの精神防衛機制でいうところの投影というやつだよ。自分が思っていることを相手が思っていると勘違いをしているのだ」

「意味が分からない。病院に行くか?」

「フロイトの精神防衛機制は中学校の義務教育で習う内容であって、それが分からないのは貴方の教養が足りないのだ」

「どうしたら出ていってくれる?」

「雨が止んだら出ていく」

「それ以外」

「行政代執行してください。いついつまでに立ち退けと書面で告知してください」

「それ以外で」

「蓬莱の玉の枝か、火鼠の皮衣を持ってこい」

「なんだそれは。病院に行くか?」

「竹取物語は義務教育だろう。それが分からないのは教養が足りないのだ」

「おかしいって。病院に行こう」

「断る。緊急性がなく本人が断っている以上、それは警察の仕事ではない」

「この東屋はボロボロだ。いつ崩れてもおかしくない。危険だから出ていけ」

 警察が東屋の柱を蹴りだす。

「この東屋は危険ではない。それは貴方も分かっているはずだ。だから、柱を蹴ることができる」

「他人の立場になって考えろ」

「貴方も私の立場になって考えてみてください」

「もしお前の土地に誰かが居座ったらどうするんだ?」

「私有地と公有地では扱いが違う。ホームレス自立支援法第11条は公有地を対象としておりますから」

「おかしいんじゃないか? 病院に行くか?」

「断る。緊急性がなく、本人が断っている以上、それは警察の仕事ではない」

「どこの仕事なんだ?」

「分からないなら、一度、警察署に戻ってお勉強しておいで」

「どうしてそんなに偉そうなんだ」

 警察が私の下に敷いていたブルーシートと断熱シートを無理矢理奪い取った。私は転倒して左膝を擦り剥いて、出血する。そしてまた昨日みたいに、どついたりゆさぶったり、引き倒したりするようになった。

「これは暴行だぞ」

「現行犯逮捕だ、文句あるか?」

「逮捕するなら、手錠をかけろ。私は抵抗しない」

「逮捕されたいのか?」

「逮捕したくないのか?」

「したくないから説明しているんだろう」

「したくないなら逮捕するな。ただし、説得は無理だ」

「なら、逮捕する」

「なら、手錠をかけろ。これは暴行だ。暴行はやめろ」

「お前が出ていったら、やめてやるよ」

 しばらく寝袋の中で丸まって耐えていたら、どこからか4人目の警察官が飛んできて、暴行をやめさせる。

 4人目の警察官が言う。

「障害者手帳を見せて」

 私は手帳を見せた。

「明日は立ち去るように」

 4人目の警察官が、他の警察官に指示を出して、みんな帰っていく。

「明日、まだ居たら、またやってやるからな」

 警察の職務質問は21日22日ともに、9時から16時くらいの7時間ほど。常にどなられっぱなしで、暴行にはまいった。出血は右手の人差し指から薬指までの3本にある爪がめくれたこと、左膝を擦り剥いたくらいで他はない。

 警察の挑発は公務執行妨害を誘発させようとして行われるものだと思われるが、しかしあれは限度を超えて違法ではないだろうか? 警察の発言の中で一番ひどいと思ったのは、「なら、制服を脱いだらやっていいんだな」である。次は、「現行犯逮捕だ、文句あるか?」であり、結局逮捕せず、暴行するだけ暴行したことも合わせて、ひどい。

 それから、私は22日の夜には裏寝覚を出て、道の駅のトイレに入り、23日の朝5時にはそこを出た。19号線沿いのコインランドリーで服を洗い、木曽署の近くにある銭湯に入って垢の皮を落とす。閉店まで銭湯に居て、それから諏訪に向かって自転車をこいだ。

 諏訪で6月9日まで、毎日、温泉に入り、外食をして、体力をつけて、身体を治し、事件当日の朝、「あずさ」で新宿に行き、夜まで遊んだ後、新幹線に乗り、新横浜を過ぎてから、ナタとナイフを取り出して、無差別殺人をして、やっと逮捕された。

 子供の頃から刑務所に入りたかったけれど、そこまでのことをするのはどうかな、と思っていた。だが、警察すら、法律を守る気がないのに、自分だけ守っていてもしかたない。自分の人権は守られないのに、他人の人権を守っていてもしかたない。

 そう思って、人を殺してでも刑務所に入ろうと思った。どうせ刑務所に入るなら、無期刑になって一生を終えたい。3人殺したら死刑になるから、2人までにしようと思っていた。1人殺して、2人に重傷を負わせたから、これでもう無期刑が狙えると思った。それに1人殺すのに手間が掛り過ぎて、肉体的にも精神的にも疲れてしまったので、あのときはもうあれ以上、やることはできなかった。

 刑務所でどのような矯正をされようと、反省もありえないし、更生もありえない。もし有期刑になって、出所することになったら、また人を殺す。刑務所がなぜ幸福な生活であるか知ることはできない。それは信じることだ。

【解説】小島一朗が「刑務所」を切望するのはなぜか

【小島一朗が「刑務所」を切望するのはなぜか】
インベカヲリ★(ノンフィクションライター・写真家)

 裁判で小島被告は、被害者女性2人に対し「残念にも殺しそこないました」、殺害した男性に対しては「見事に殺しきりました」と言い放った。さらに、厳罰を求める被害者の調書が読み上げられると、拍手さえしてみせた。あまりに理解しがたく、被害者感情を考えれば許されないことだ。

 しかし彼は、こうして心証を悪くすることで、無期刑の判決が出るのを望んでいた。また、この「むしゃくしゃした出来事」を裁判で語らなかったのも、そのほうが無期懲役になる可能性が高い、と考えたからだ。手紙のやりとりと面会を通して、私には彼が本気で、「一生刑務所に入っていたい」と考えていることがよくわかった。

 彼にとって、人殺しまでして行きたい刑務所とは何なのか。これを考えるにあたって、まず彼の生い立ちから見てみたい。

 小島被告は愛知県生まれ。犯行当時22歳、元の名は鈴木一朗だ。同県出身の野球選手イチローにちなんだ同姓同名である。小島姓なのは、事件の前年に母方の祖母と養子縁組をしたからである。

 一朗が生まれると母方の祖父は、岡崎市にある自宅敷地内の一角に「一朗が生まれた記念」の家(以下、「岡崎の家」)を建てた。共働きの両親の都合で、一朗は3歳までをそこで過ごした。一方、年子の姉は、生まれたときから一宮市にある父方の実家で育った。

 母親は両家を行き来していたが、一朗が3歳になると転居し、一家全員が一宮の家に揃う。しかしそれを快く思わなかったのが、同居する父方の祖母だった。「お前は岡崎の子だ、岡崎に帰れ」「お前は私に3年も顔を見せなかった」、それら祖母からの言葉が一朗にとって物心ついてからの最初の記憶だ。

 母親はホームレス支援の仕事で夜遅く帰宅するため、祖母が食事をつくり、一朗は「嫁いびり」のように躾けられたという。中学生になり反抗するようになると、祖母は包丁を振り回し、一朗の食事や入浴を禁じた。これに関し母親は調書で、「食事を与えないということはない。虐待はしていない」と供述しており、意見が食い違っている。

 しかしこの頃、父親にトンカチを投げ包丁を向ける事件を起こしており、その目的は「ご飯が食べられないから国に食わせてもらう」、つまりは少年院に入るためだった。これを機に父と離れ、母親の勤め先である“貧困者シェルター”へ入所するのだ。

 その後、定時制高校を卒業し、県外で就職したものの、出血性大腸炎で入院し10カ月で退社。「岡崎の家」に住むことになったが、同じ敷地内の別宅に住む伯父が猛反対し、暴力によってわずか10日で追い出されたという。

 以降、家出してのホームレス生活と精神病院への入退院を繰り返してきた。

選択肢は他にもあった

 彼にはすでに中学時代、家庭よりは「少年院」という発想があった。

「刑務所の素晴らしいところは、衣食住と仕事があって、人権が法律で守られているところ」

 と、彼は心底思っている。しかも、「(刑務所からは)出ていけとはいわれない」とも語る。彼は閉ざされた空間で、決まりきった日常を送ることが苦痛ではない。模範囚として真面目に働くことを望んでいる。拘置所に何冊も本を差し入れたが、彼はたぶん読書ができればいいのではないかと思う。

 やりとりを重ねてわかったのは、彼が幼い頃より「岡崎の家」を「私が生まれたときに建てられた、私が育つはずだった家」と考え、それに強い執着を見せていることだ。刑務所は「岡崎」の代償で「家庭を求めている」と彼は言う。だが、実際の「岡崎」にそれはなかった。

 このため、彼は「精神病院」と「ホームレス生活」に自身の落ち着き先を求めてきた。

 彼は裁判で「猜疑性パーソナリティ障害」に該当すると示されたが、幼少時より発達障害の疑いを指摘され、その後はADHD、自閉症スペクトラム障害、境界性パーソナリティ障害との診断を受けている。長じて職場でうまくいかず退職した後には、精神病院に2カ月任意入院し、祖母の意向で退院させられたものの、そこで生涯暮らすことも彼の選択肢だった。

 退院後はホームレスになるべく家出を繰り返し、行き着いた先が手記にある長野県木曽郡の景勝地「寝覚の床」だった。当初は家族に迷惑をかけまいと、事件を起こして刑務所に入るよりは、厳寒の地で餓死しようとしていた。しかし、祖母との最後の電話で「養子縁組を解消する」「小島家の墓に入れない」と言われたとして刑務所に入ることを決めた。そして実行を迷っているところで、手記の出来事が起きた。

 当然、そんな理由で殺人を正当化できるはずがない。

 しかし、彼はそれを「天啓」としてとらえたのだと思う。

 ***

インベカヲリ★
1980年東京生まれ。編集プロダクションを経て、写真家兼文筆家に。写真集に『やっぱ月帰るわ、私。』『理想の猫じゃない』、著作に『のらねこ風俗嬢』(忌部カヲリ名義)など。
1月8〜20日には、恵比寿・America-Bashi Galleryでインベカヲリ★氏の写真展が開催される。

「週刊新潮」2019年12月26日号 掲載