保釈中にレバノンに逃亡したカルロス・ゴーン被告をレバノンの弁護士グループがイスラエルに入国した罪で告発したとアメリカのメディアが報じた。
 
 ワシントンポストによるとレバノンの弁護士グループは2日、ゴーン被告がこれまでにレバノンと敵対関係にあるイスラエルを訪れたと主張し、ゴーン被告の起訴を求める報告書をレバノンの司法当局に提出した。

 レバノン国民は、イスラエルへの入国が禁じられていて司法関係者の話として、「有罪になれば最長で禁固15年の刑を受ける可能性もある」とも伝えられている。

 告発の結果は9日に明らかになるとされ、もし訴追されれば、軍事裁判にかけられるということだ。レバノンには日本との間に犯罪人の引き渡し条約がなく、ゴーン被告に安全だという見方がある一方で「レバノンが安全だと考えていたとすれば大間違いかもしれない」と報じられている。(AbemaTV/AbemaNEWS)