画像

写真拡大 (全3枚)

 女子中高生向けのマーケティング支援などを手がけるAMFは、トレンドのリサーチを行う「JCJK調査隊」メンバーの選考結果に基づき、「2019年の流行語大賞」および「2020年のトレンド予測」を発表した。

●2019年、女子中高生の間で流行したヒト、モノ、アプリ、コトバは?

ヒト部門:1位はYouTubeやサブスクで人気の4人組バンド

 1位は、4人組ピアノポップバンドの「Official 髭男dism」さん。「髭男」として親しまれ、「何回聞いても飽きない」というメロディーと歌詞から、YouTubeやサブスクを通して女子中高生の間で流行した。

 2位の「横浜流星」さんは、同社が行ったJCJK流行語大賞2019上半期でも選出され、年間大賞でもランクイン。3位の「フワちゃん」さんは、独特の言葉選びや奇抜な行動がおもしろいと評判に。YouTubeでの投稿やTwitterでの発信内容が話題となり、男女ともに人気を獲得した。

モノ部門:2週間で10kg痩せるダンスが人気に

 2週間で10kg痩せる「ハンドクラップダンス」が1位を獲得。激しいダンスながら簡単な振り付けと楽曲のノリやすさで運動会や文化祭で度々披露され、人気を博した。

 2位の「PRODUCE101 JAPAN」(通称「日プ」)は、韓国の人気サバイバルオーディション番組の日本版。「国プ」と呼ばれる視聴者が投票しデビューメンバーを選ぶ斬新な選考方法と、番組中に見せる完成度の高いパフォーマンスが関心を集めた。SNS上では放送中に番組名が毎回トレンド1位を獲得するなど、女子中高生を中心に流行している。

アプリ部門:Uber Eatsもラインクイン!

 1位はカメラアプリ「SODA」で、撮影する瞬間からされる加工機能が盛れると話題になった。また5位の「Uber Eats」は、家でNetflixやサブスクコンテンツを観ながら女子会を楽しんだり、公園でデートの際に頼むなどカップルや友達同士での幅広い使い方が楽しめることで人気を獲得した。

コトバ部門:「ぴえん」「べびたっぴ」「KP」

 1位に選ばれたのは、残念な出来事があった際に使用される「ぴえん」。泣き声の「ぴえーん」を省略化し、より汎用性の高い言葉として使われている。

 2位の「べびたっぴ」は、TikTok内でタピオカにストローを刺す時の掛け声。多くの女子中高生が真似をして、タピオカ以外の飲み物を飲む際の掛け声としても使われるようになっている。3位の「KP」も、飲み物を飲む時の乾杯(=KP)の掛け声として使用されている。

 2019年、女子中高生たちは「ハンドクラップダンス」「フワちゃん」「PRODUCE101 JAPAN」など、より良質でみんなで楽しめるエキサイティングな動画コンテンツに熱狂していた。また「ぴえん」や「べびたっぴ」「3150」からは、コトバの意味や中身よりも、響きやすさキャッチーさが重要視される傾向が読み取れる。

●2020年のトレンド予測も発表!

ヒト部門:「末吉9太郎」さんに注目集まる

 多くの注目が集まっているのが、「末吉9太郎」さん。同じく2020年JC・JKトレンド予測コトバ部門にランクインした「沸いたー!」の火付け役として、話題を呼んでいる。また、シンガーソングライターKYOtaroさんのプロジェクト「SIRUP」は、近年人気のある「オシャレ系」カテゴリーのアーティストの一人として、注目度が急上昇している。

モノ部門:インフルエンサーの発信で人気のメイクとは?

 モノ部門に選ばれた「中華メイク」は、赤リップに濃いアイライナーを使用するのが特徴の中国圏のメイク方法。同じく2020年JC・JKトレンド予測ヒト部門にランクインした「鹿の間」さんを中心としたインフルエンサーが発信し、流行の兆しを見せている。

アプリ部門:鬼ごっこゲームに流行の兆し

 これから女子中高生のシェアがさらに伸びると予測されるアプリは「第五人格」。サバイバーとハンターを中心とした鬼ごっこゲームで、強烈なキャラクターたちが織り成すゴシックな世界観が「どハマりする」と人気が出てきている。

コトバ部門:中華圏の女性インフルエンサーが日本でも話題に

 「網紅」は、中華圏の女性インフルエンサーの総称。大きな影響力と経済効果が日本でも話題になり、「こんなインフルエンサーになりたい」との声が続出している。

 また「397(サンキューな)」は、今年流行した3150(最高)から派生した言葉。文字で伝えるよりも気軽に使用でき「ワード映え」すると人気が上昇している。

MarkeZine編集部[著]