iPhoneはどれを買うべきか? iPhone 11がオススメなワケ

写真拡大 (全3枚)

今年も新型のiPhoneが発表、発売になりました。
最新のiPhone11シリーズでは、新たに超広角カメラを搭載し、iPhone XS /iPhone XS Maxからトリプルカメラに進化したiPhone 11 Pro / Phone 11 Pro Maxと、 iPhone XRからデュアルカメラに進化したiPhone 11の3モデルが揃いました。

発売から約1カ月が経過し、徐々に店頭でも各モデルで欠品が目立つことも減ってきて、そろそろ購入しようという人も多いはず。

しかし昨年同様に、新型iPhoneが3モデルも出てしまうと、どれを買うべきなのか?
消費者にとっては、悩ましいかぎりでしょう。

そんな中、多くの人にもオススメしたい新型iPhoneは、
筆者自身も購入した「iPhone 11」です。

今回はこのオススメ理由を紹介していきます。

○iPhone 11こそ、iPhone 7や8からのアップデートに最適
今年iPhoneの買い換えを検討しているユーザーは、iPhone 8やiPhone 7の
「分割払いが終わった人」が多いと思います。


iPhone 7 / 8、この2機種に搭載されているカメラは広角カメラ1つだけです。
iPhone 11は、最近の流行「複数のカメラ搭載」に対応したモデルなのです。
カメラに興味を持っている人であれば、超広角カメラを搭載してデュアルカメラになったiPhone 11が、iPhone 7 / 8と比べて、カメラ機能が大きく進歩したことを実感できるはずです。


またスマートフォンの速度を決める性能はiPhone 11 Proと同じです。
iPhone 7 / 8と比較し、しっかりと最新の高性能を享受できるマシンに進化している点からも、iPhone 11はオススメです。

本体の基本性能が同じだということは、
最新のiOSの更新が提供されるため、iPhone 11 Proと、同等になると考えらます。
つまりiPhone 11は、長く使い続けられる、1台とも言えるのです。

さらに価格と本体の容量にも注目です。
長らくiPhone 8が人気機種になっている理由のひとつに「10万円を切る価格」が挙げられます。

今回のiPhone 11も最新モデルながら10万円を切る価格設定になっています。
もっとも容量の大きな256GBのみ約11万円と10万円を超えてはしまいますが、iPhone 11 Proであれば同じ256Gでも約14万円に止まります。
価格面からもiPhone 11のお買得度の高さが伝わることでしょう。


○Plusモデルからの買い替えは、注意が必要
ここまでiPhone 11に買い換えるメリットを紹介してきました。

ただ「Plus」を冠する大画面モデルからの買い替えには注意が必要になります。

iPhone 7 Plus / iPhone 8 Plusに搭載されたデュアルカメラは「広角+望遠」です。
一方、
iPhone 11に搭載されているのは「広角+超広角」になります。

つまり、iPhone 11には、2倍ズーム相当の望遠カメラが搭載されていないのです。

筆者の周りのユーザーに話を聞く限り「望遠は意外と使わない」という声が多いのですが、頻繁に望遠機能を利用しているユーザーの場合、iPhone 11に買い換えたことで不便に感じてしまう可能性もあります。

iPhone 7 Plus / iPhone 8 Plusユーザーで、カメラの望遠機能を多く使うという人は、iPhone 11 Pro / 11 Pro Maxを購入するしかありません。
余談ですが、昨年モデルのiPhone XSとの価格差は僅か。「前のモデルなら安いだろう」と考えてしまいがちですが、店頭に在庫を置いているお店も減っていますので、望遠カメラにこだわる場合は、11 Pro / 11 Pro Maxを購入した方がいいでしょう。

しかしiPhone 11は、望遠機能が無いというデメリットを除けば、性能や価格、機能において、2019年の最新iPhoneの中でも高いバランスを誇り、最も万人向けのスマートフォンであることは間違いありません。
豊富なカラーバリエーションと共に、是非一度自分に合うiPhoneか、手に取ってチェックしてみることをオススメいたします。


執筆 迎 悟