サモア代表が公共施設でタトゥーを隠す配慮 日本文化を尊重

ざっくり言うと

  • ラグビーW杯で、出場チームによる日本文化を尊重する行動が注目されている
  • サモア代表は、公共の場では要望に応じてタトゥーを隠す配慮をすると決定
  • 背景には開催国への敬意が底流にあり、「ノーサイド精神」の表れと識者

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x