<?php the_title_rss(); ?>

写真拡大 (全8枚)

今月サンノゼで行われた「GTC2019」で発表されましたNVIDIAの小型の最新AIコンピュータ「Jetson Nano」(ジェットソン ナノ)のレビュー連載の第一回「開封の儀」。

「Jetson Nano」は、CUDAが使えるエントリーモデル、開発者向けキットが$99と安く、すでに日本のメイカーズ界隈でも大注目されています!

今回、いち早く現物が入手できたので早速「開封の儀」をお送りします!

最後に読者プレゼントもありますのでお見逃しなく!
●NVIDIA Jetson Nanoとは

NVIDIAの「Jetson Nano」は、AIエッジ向けコンピュータJetsonシリーズのエントリーモデルになります。最大の特徴は小さいこと、そして廉価な設定がされているため、手軽に利用できることです。

詳細はこちらの記事を参照ください。

 
●Jetson NANO開封の儀

パッケージの中には、Jetson本体、Startガイド、紙製の設置台が同梱されています。

次に「Jetson Nano」の本体を見ていきましょう。

コネクタ部分は次のようになっています。

CPUは、4Core ARM A57 1.43GHz、GPUに128 Maxwell 472GFLOPs(FP16)、メモリは4GB、ストレージは16GB eMMC。USBは4ポート、HDMI、ギガビットイーサ等を搭載

裏面です。

サイズは100×80×29mm

上部ボードは取りはずし可能で、OS image を焼いたmicro SDを挿入して起動する形式です。

メインボード内部。中にはWiFi用のボードも刺さるM.2インターフェイスも用意されています。(WiFiカードは同梱されていません。)

ラズベリーパイとの大きさの比較(左:NVIDIA Jetson Nano、右:Raspberry Pi3+)

 

ラズベリーパイとのインターフェイスの比較(左:NVIDIA Jetson Nano、右:Raspberry Pi3+)

他のJetsonシリーズ同様、micro SDカードにOSイメージを焼きこめば、ubuntuのデスクトップ画面が立ち上がります!

「開封の儀」はここまでですが、次回からJetson Nanoを実際に触ってみたいと思います。

こうご期待!
●Jetson Nanoを2名にプレゼント!!

今回記事を書いた「Jetson Nano」を、ロボスタ読者2名様にプレゼントいたします!

応募の際に「Jetson Nanoをどういうことに使いたいか」等を書いてドシドシご応募ください!
>:
読者プレゼントページはこちら

(高橋一行)