【中山牝馬S】フロンテアクイーン 重賞2着が5回!待望の制覇へ

写真拡大

中山牝馬ステークス
フロンテアクイーン

まだタイトルには手が届いていないものの、これまで5度の重賞2着があるフロンテアクイーン(牝6、国枝)。今度こそ待望の重賞初制覇となるか。

高松宮記念(G機乏姐馭肋霾鵝ー退馬

国枝師「最後のもうひと押しがきけば」

国枝調教師は「順調ですね。先週しっかりやったので、今週は馬なりでしたが、いい動きでした。前走の敗因は外枠から出して行ったぶん。それでも最後まで我慢はしてくれていましたが…。どんな競馬でもできるタイプだし、今回はハンデも減りましたからね。最後のもうひと押しがきけば」と期待を寄せた。