故人の形見は「DNA鑑定証」? 終活の新しい流れメモリアルアートの大野屋が「DNAパーソナルサービス」を開始

写真拡大 (全4枚)

加速する高齢化社会を受け、日本では医療や福祉だけでなく、終活サービスや葬祭に関するサービスも変化しつつある。

そんな中、葬祭関連の事業を展開するメモリアルアートの大野屋が、7月1日から「DNAパーソナルサービス」を開始した。

DNAパーソナルサービスとは、
亡くなった方のDNAを口内粘膜などから採取し、鑑定するサービスだ。
・採取したDNAは半永久的に保管できる「FTAカード」に残す
・鑑定結果を「DNA法科学鑑定証」記載
これらをフォトスタンドに入れて、利用者に届ける。


鑑定証 表


鑑定証 裏

鑑定については、民間鑑定機関「法科学鑑定研究所株式会社」の国内ラボで一貫して行われるという。

なお、同サービスは、生前に受けることも可能。


メモリアル フォトスタンド ボックスフレーム

サービス内容と価格は、
・鑑定証のみを保管する「メモリアルフォトスタンド」…7万8,000円
・鑑定証と写真も収納できる「メモリアル フォトスタンド ウッド ダブルフレーム」…9万5,000円
・鑑定証と思い出の品も収められる箱型の「メモリアル フォトスタンド ウッド ボックスフレーム」…10万円
・その他オプション「DNAバンクサービス」…年間保管料9,800円
価格はすべて税別


執筆:2106bpm