ファーストフードについて00
マクドナルドやケンタッキーなど手軽で美味しいファーストフード。

アメリカや日本はもとより世界中で人気となっています。

そのファーストフードについての、知っておくべき知識・データを示した、半ばショッキングなまとめが話題に上っていましたのでご紹介します。

ファーストフードの歴史

ファーストフードについて01
・1921年 ホワイト・キャッスルがファーストフードチェーン店を形成する
・1948年 マクドナルドがファーストフード産業に参入
・1951年 ファーストフードと言う言葉がメリアムウェブスター辞典に載る。さらにジャック・イン・ザ・ボックス(アメリカのチェーン店)がドライブ・スルーを導入。

収益

ファーストフードについて02
・マクドナルド: 230億ドル
・YUM!ブランド(タコ・ベル、ケンタッキーフライドチキン、ピザハット): 113億ドル
・ウェンディズ&アービーズ: 36億ドル
・バーガーキング: 25億ドル

収益はいったいどこから?

ファーストフードについて03
・一店のソフトドリンクの利幅は1200%にも上り、フライドポテトは500%となっている。

マクドナルドは現在126カ国、40万人を雇用している

ファーストフードについて04
・アメリカでは13000店を持ち、牛肉,豚肉,じゃがいもの最大購入者である。

1ヶ月に最低10回はマクドナルドに行くヘビーユーザーたちが、売り上げの75%を占めている

ファーストフードについて05
・全店舗の取引の60%はドライブ・スルーによってである。

世界中で多種の変ったメニューが登場した

ファーストフードについて06
・パイナップルのスライス + バン(ハンバーガーのパン) = フラ・バーガー
・ロブスター + バン = マックロブスター
・サーモン + バン = ノルウェーマックロックス
・ライス + バーガー = 香港ライスバーガー
・トマト + バーガー = マックアフリカ

ファーストフードを少なくとも週に一度は食べる人口

ファーストフードについて07
・香港:61%
・マレーシア:59%
・フィリピン:54%
・シンガポール:50%
・タイ:44%
・中国:41%
・インド:37%
・米国:35%
・スウェーデン:3%

不健康そうなメニュー

・カールズ・ジュニアのダブルシックスダラーバーガー:1520kカロリー
・ネイサンズフィッシュアンドチップス:1537kカロリー
・ホワイトキャッスルのチョコレートシェイク:1680kカロリー

各国の一日平均の摂取カロリー

ファーストフードについて08
・コンゴ:1500kカロリー
・エチオピア1800kカロリー
・アンゴラ:1880kカロリー
・ルワンダ:1940kカロリー
・米国:3760kカロリー

その他

ファーストフードについて09
・1つのハンバーガーに100頭の違う肉が入っている可能性もある。
・マクドナルドのフライドポテトには、表記にない動物製品で味付けされている。
・噴射式のドリンクディスペンサーの50%がバクテリアに汚染されているとの調査結果が出ている。
・ストロベリー・シェイクにはジアセチルなど含む50以上の化学物質が含まれている。

100監査ごとの衛生管理の違反数

ファーストフードについて11
・ジャック・イン・ザ・ボックス:45
・タコ・ベル:62
・ウェンディズ:84(未加熱)
・サブウェイ:98 
・デイリー・クイーン:98(肉を扱ったあと手を洗わずにアイスクリームを扱う)
・ケンタッキー・フライドチキン:102(ソーダノズルのカビ、チキンポットパイの賞味期限切れ)
・バーガー・キング:111 
・アービーズ:115(ローストビーフを常温で長く放置)
・ハーディズ:118
・マクドナルド:126(手の洗浄不足)

衛生面で言うと、おそらく日本は他国よりもきれいではないかと思いますが(願望込み)、外国でのファーストフード店には注意が要りそうです。

必要以上に神経質になることはありませんが、こうしてデータを見せられると、いろいろ考えさせられる面もありますね。

もっとも大規模なチェーン店でなければ監査される機会も少ないので、そういった意味ではむしろ安全かもしれません。

WTF World of FAST FOOD! [Graphic]

関連記事