ヤクルトの徳山武陽が引退 2016年に難病「黄色じん帯骨化症」を発症

ざっくり言うと

  • ヤクルトの徳山武陽が現役を引退することが1日、分かった
  • 2016年に難病「黄色じん帯骨化症」を発症し、同年11月に手術
  • 「僕の中では意外とすっきりしています。決断は早かったです」と話した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング