ここは本当に平壌なのか?

写真拡大

 夏本番を前に、北朝鮮では各地で猛暑が続いている。ミサイル発射のツケで厳しい経済制裁が科せられ、人民はさぞ苦しんでいるかと思いきや、平壌界隈ではスカートの丈が少し上がり、ノースリーブが事実上解禁されて、女性がセクシーになっているという。また、男性の間ではサングラスが流行しているそうな。ちまたでは、金正恩党委員長の「ご配慮」というウワサが流れているが、幹部の粛正と庶民のドレスコード緩和というアメとムチを使い分けているようだ。

 今も昔も北朝鮮の街中では、保安員(警察官)や監視隊が人民の服装に目を光らせている。南朝鮮(韓国)では若い女性の間でショートパンツが大流行しているが、北でショートパンツをはこうものなら「自由主義的だ」と、死刑や労働教化刑までにはならないが、監視隊のおじさんやおばさんに「家に帰って着替えてきなさい」と怒られるという。

 外出時の服装といえば、男性は襟付きのシャツにスラックス、女性は襟袖付きブラウス、膝下まであるスカートないしはズボンが定番で、学生は制服の着用が求められていた。

 そんな中、北朝鮮に出入りする貿易商によると、最近膝上スカートがOKになったという。なんだか厳しい学校の校則のようだが、正恩氏の肝いり美女軍団「モランボン楽団」や正恩氏の妻・李雪主夫人の影響が大きいという。

 特にフリルが付いたスカートやタイトスカート、上はノースリーブがはやっており、「ここは本当に平壌なのか?」と不思議に思えるほどだという。

 最近は、正恩氏の意向で平壌の市街地にバレーボールやバスケットのコートが整備され、そこでスポーツを楽しむことを口実に、金日成・金正日バッジを付けずにジャージ姿で歩く男性も目撃されている。

 さらに顕著なのはサングラスだ。サングラスといえば金正日総書記が愛用していたが、恐れ多くてマネする人は皆無だった。だが、人民との距離感を意識する正恩氏は、人民軍への現地指導で、パイロットにサングラスを下賜したのをはじめ、サングラスの着用に寛容なんだとか。というわけで、平壌では夏の日差しが強いこともあって、サングラスを着用する人が増えているが、先の貿易商によると「『西部警察』の大門刑事やタモリみたいなのが多くて、なんだか滑稽なんだよね」(同)。

 どうやら北朝鮮では今、正恩氏以外のファッションリーダーが求められているようだ。