20日、韓国の4歳の女児がファストフードチェーン「マクドナルド」のハンバーガーを食べた後に腹痛などを訴え入院、その後、腎臓機能障害2級の判定を受けていたことが分かった。写真は韓国のマクドナルド。

写真拡大

2017年6月20日、韓国の4歳の女児がファストフードチェーン「マクドナルド」のハンバーガーを食べた後に腹痛などを訴え入院、その後、腎臓機能障害2級の判定を受けていたことが分かった。韓国・KBSなどが伝えた。

女児は昨年9月、マクドナルドで購入したハンバーガーを食べたところ、腹痛と嘔吐(おうと)などの症状が出たため病院へ、そこで溶血性尿毒症症候群(HUS)との診断を受けた。HUSは加熱が不十分なひき肉料理を食べた場合に発病しやすいといい、米国では1982年、加熱が不十分だったハンバーガーのパティが原因で集団的な発病が起こったことから、北米などでは「ハンバーガー病」とも呼ばれる。

現在女児は、HUSによって腎臓機能の9割を消失し、毎日8〜10時間の腹膜透析を受け続けているという。

女児の母親は、女児が被害に遭った当日、「マクドナルドのハンバーガーを食べて以降は水以外にまともに口にしたものはない」と主張、マクドナルドに対し補償を求めているところだ。

これに対しマクドナルド側は「子どもの健康と直結した今回の件について極めて残念に思う」としながらも、「問題の店で販売された全製品を点検したが異常は見つからず、診断書でも発病とハンバーガーとの因果関係は明確に確認されていない」として補償には応じない立場を示している。

この報道に韓国のネットユーザーの関心は高く、記事には数千のコメントが集まっている。中でも女児と同じ年頃の子を持つ親世代の投稿が多いようで、「実に気の毒。頑張って」と応援の声のほか、「もうマクドナルドで買うのはやめよう」「怖い。子どもには絶対に食べさせられないね」「商品は防腐剤の塊。食べないに越したことはない」などマクドナルドの不買を宣言したり呼び掛けたりする声が目立つ。

また、マクドナルドに関して「どうやって作ったら子どもがそんな病気になるの?それでいて補償もしないとは、良心がないの?」「他国に比べて韓国では一番高く売ってるくせに、責任は取れないって?韓国は本当に米国や外国のカモなんだな」「これで病気になったのが米国人だったら天文学的な額の補償をするんだろう」など厳しい批判の声もあった。(翻訳・編集/吉金)