28日放送の「ジョブチューン 〜アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」(TBS系)で、ジャニーズグループ・TOKIOがイチゴの品種開発に大きな影響を与えていたことが分かった。

番組では「冬の大ヒット商品のヒミツSP!」と題し、この冬に食べたい注目のイチゴ3種を紹介。その中で取り上げられたひとつが佐賀県の「咲姫」。このイチゴは普通のイチゴの糖度10~12度を大幅に上回る、平均15度以上という最高クラスの糖度を誇るものだ。

スタジオでは実際に開発したイチゴ農家の中村弘太氏が詳細を語った。「たまたま『鉄腕ダッシュ』でイチゴの品種改良をしているのを見て、TOKIOに出来るならうちにも出来ると思ったから」だと明かし、出演者たちを驚かせた。

さらに中村氏は品種改良など未経験だったにも関わらず「見よう見まねで作りました」と打ち明け、バラエティー番組「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ系)の放送が大きな参考になったことを強調している。

これを聞いたバナナマン・日村勇紀は「TOKIOすごいな!」とTOKIOがイチゴの品種開発に影響を与えたことにビックリ。番組で「咲姫」の作り方が紹介されると、土田晃之は「『咲姫』の作り方は『鉄腕ダッシュ』でやった方がいいんじゃ?」とツッコみを入れていた。

【関連記事】
TOKIOの反射炉作りが業界内で話題と判明「うわさで聞いています」
TOKIOが「鉄腕!DASH!!」で新企画スタート まずは「土作り」を決意する展開
TOKIO・城島茂が定期購読する新聞に衝撃 「日本農業新聞」が一時トレンドワードに