結婚して20年以上の夫婦の離婚、いわゆる「熟年離婚」は2014年に3万6800件を数え、25年前の7割増となった。巷間伝えられる多くのケースは「“濡れ落ち葉”となった夫が妻に見捨てられる」というものだが、そんな“常識”に変化が起きている──。

 定年を迎えた夫に離婚を突き付けた妻はセカンドライフを謳歌し、家事に疎い夫は汚れきった部屋でインスタント食品の毎日を過ごす──「熟年離婚」と聞いて思い浮かべるのはそんなイメージだろう。

 だが、その構図に逆転現象が生まれつつあるという。離婚カウンセラーの岡野あつこ氏が語る。

「10年ほど前までは女性が離婚を求めるケースが8割でしたが、現在は男性から切り出すケースが4割に急増しています。夫たちが“この妻と20年近い老後人生を共に歩めるか”を考えて離婚を決断するようになっているのです」

 しかも、「妻と別れる」という生き方を選ぶ理由は「別の女性ができたから」とは限らない。

 東京在住、結婚30年目のA氏(57)は専業主婦の妻(54)との離婚を決意し、現在は別居して離婚協議中だ。

「子供に手がかからなくなってから、妻にはパート勤めや資格の勉強をしたらどうかと薦めましたが、妻は“面倒くさい”と言うばかりで何の教養も身に付けようとしない。当然、会話は家の中の出来事ばかりなので、広がりもなければ長続きもしない。家事はひと通りやっているし、妻を憎む理由もありませんが、ふと残りの人生を考えた時、こんな生活が続いていくことに暗澹とした気持ちになって離婚を切り出しました」

 前出の岡野氏のもとに相談に訪れた結婚35年のBさん(57)は、2人の子供が独立した矢先、金融マンの夫(60)から離婚を求められたという。

「原因はBさんでした。家事は手抜き、打ち込む趣味もなく、専業主婦にあぐらをかく姿に夫は不満を募らせていた。

 夫は財産の管理・運用に積極的で、Bさんは全て夫任せだった。そして旦那さんは彼女に財産分割のリストを記した1枚の紙を差し出した。それを見せられたときに初めてBさんは夫がずっと離婚に向けて準備していたことに気付いたそうです」(岡野氏)

 Bさん夫妻のケースのように、家事をめぐって夫が「老後を一緒に過ごすのは、この女ではない」と離婚を決意するケースは少なくない。離婚問題に詳しいフラクタル法律事務所・田村勇人弁護士はこう言う。

「かつては妻から離婚を切り出されると生活力のない夫が途方に暮れたものですが、この10年で世の中は様変わりしました。

 最近はコンビニ弁当も一人暮らしのシニア層を意識しており、家事代行サービスも充実している。料理や家事ができる男性が増え、妻が不在でも生活に困らなくなってきた。それが離婚を切り出す男性が増えている一因でしょう」

 茨城県内で40年近くレストランを営む60代のC氏は、“自分らしい人生”を貫くために、5年前に離婚した。

「東京から茨城に嫁いできた妻は“東京に店を出したい”が口癖でした。私も妻の願いを叶えようと頑張って働き、10年ほど前に実際に物件も購入しました。しかし、東京では私の思うようなアットホームな店の経営は難しいことがわかり、これまでの常連客を裏切ることはできないという思いもあって私は翻意しました。

 だが東京で暮らしたかった妻はそれを全く理解しないから議論は噛み合わない。そのタイミングで娘も都内の志望校に合格が決まった。それを機に、私は自分らしい人生を生き抜きたいと考え、離婚を切り出しました」

 妻は離婚を受け入れて娘とともに都内の新居で生活することを承諾。肩の荷が下りたC氏は、レストラン経営の他に、料理教室の講師も始めた。現在では若い女子生徒に囲まれる日々を楽しんでいる。

「“先生、先生”と呼ばれるのも悪くない。離婚を選んで正解だったと、しみじみ思っています」(C氏)

 離婚して新たなパートナーと生活を送っているのが建築関係会社員のD氏(56)だ。慰謝料を支払って、1年前に離婚が成立したという。

「独身になったことで自由に使えるお金が増えました。昔のように離婚したからと社会的評価が下がることもないから、若い女性に嫌がられない。むしろモテる。年下の彼女と一緒に楽しい毎日を送ってます」

※週刊ポスト2016年2月12日号