写真=K-D

写真拡大

 続々と対戦カードが発表されている、12月29日・31日にさいたまスーパーアリーナで開催される新格闘技イベント「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015」。生中継ではなく時間差放送のかたちで、フジテレビが中継することが決定している。

 そんな中、発表されたのが、12年ぶりに再戦することになった曙vsボブ・サップ。ルールはRIZINのMMA(総合格闘技)ルールではなく、キックボクシングに投げと立ち関節・絞め技を加え、寝技は禁止のシュートボクシングルール(SB)で行われることが決定。時間は3分3R、延長の有無はこれから話し合われるという。

「桜庭和志vs青木真也、クロン・グレイシーvs山本アーセンなど、格闘技通好みのカードが多い中、規格外の体格を持つ曙vsサップの対戦が発表。2人の対戦は格闘技ブーム真っただ中の2003年大みそか、TBSが中継して瞬間最高視聴率43.0%を記録。裏番組の『紅白』を脅かした。当時だったら、2人とも話題性があったので、手っ取り早く視聴率を稼ぐにはもってこいのカードで大当たりしたが、果たして、今年はどこまで数字を取れるか」(格闘技ライター)

 前回の対戦は1R2分58秒、サップがKO勝ち。先に行われた会見で、サップは「間違いなくエキサイティングな試合になることを約束します」とあいさつし、「前回同様、早い時間でKO。打撃でKOする」と宣言。

 一方、リベンジにかける曙は、「12年前に大みそかに負けまして、ずっとそれを苦しみ、悔しさ心の奥の奥まで押し込んで前に進んだんですが、いずれはやりたい、リベンジしたいと思っていた矢先にこの話が来ました」と秘めた思いを吐露。

 総合格闘家転向後は連敗続き。結局、プロレスラーとして才能を開花させたが、「大みそかは二度とそういう悔しい思いはしたくない。自分は以前と変わっていると思うので変わった曙を見せて、皆さんに変わったと判断してもらいたい。大みそかは絶対に勝ちにいきます」と再戦にかける決意をにじませたが、世紀の大凡戦に終わる可能性がありそうだというのだ。

「このところ、サップはほとんどまともに練習していない。しかし、以前は、K-1で大暴れして自身のブランド価値が上がっているので、相変わらず試合のオファーは受ける。ところが、すでに億単位の貯金があり、“ガチンコ”のファイトで散々、痛い思いをしてきたため、今や『それなりの金を払えば寝てくれる(=KOされる)』と業界内では有名。今回、桜庭のギャラは2000万円なので、サップにもそれに近いギャラが払われているはず。サップからすれば、曙がリベンジしようが、ギャラをもらえれば関係ないので、あっけなくKOされるかも。ただ、曙も練習嫌いが有名。仕留めきれず、ルール的に立ち技で組合うことも認められているので、2人が抱き合った状態が多いまま3ラウンドが終了する展開もありそう」(同)

 それぞれの道でしっかり稼ぐ2人からは、すっかり12年前のある意味“ギラギラ”したものはすっかり消えうせてしまったようだ。