『仮面ライダーあつめ』開発決定!『ねこあつめ』のシステムをベースにするんだって

写真拡大 (全3枚)

ライダーファンの皆様には少し気になるお知らせです。現在大ヒット中のアプリ『ねこあつめ』のシステムをベースにした、『仮面ライダーあつめ』の開発決定がわかりました。

【関連:『仮面ライダーゴースト』第1話は?ファンから期待大の評価】

ゲームの内容はというと、フィールドにアイテムを設置し「正義の心」を置いてあとは待つだけ。アイテムにイタズラする怪人が登場すると、仮面ライダーが現れて戦ってくれるそうです。10月にスタートしたばかりの『仮面ライダーゴースト』も勿論登場します。公開されたビジュアルを見る感じだと前作の『仮面ライダードライブ』も出てくるみたいですね。
そして、登場した仮面ライダーは図鑑に登録され、ショッカーを倒した後に置いていってくれる「らいだま」を使って新たに「正義の心」を入手することもできるそうですよ。

『仮面ライダーあつめ』は、株式会社コトブキソリューションと株式会社ヒットポイントが協力して既に開発をスタートさせています。完成後には東映株式会社からAndroidおよびiOS端末向けにリリースされます。
なお、NTTドコモが提供する『仮面ライダー&スーパー戦隊 for スゴ得』ではAndroidのみの対応になるそうです。そして気になる配信時期は、2016年1月なのでちょっとまだ少し先ですね。
リリースまで順次情報が公開されるようなので、続報を楽しみに待ちましょう。

(c)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
(c)石森プロ・東映
(c)2015 KEMCO/Hit-Point

※「『仮面ライダーあつめ』開発決定!『ねこあつめ』のシステムをベースにするんだって」はおたくま経済新聞で公開された投稿です