「巨人0−2ソフトバンク」(28日、東京ドーム)今季8度目の完封負けを見届けた試合後、交流戦初采配となった巨人・阿部慎之助監督は深いため息をついた。「投手は責められないですよね、ずっと」。先発の山崎伊は最少失点で試合を作り、七回以降は小刻みな継投で援護を待った。なかなかかみ合わない打線。数は少ないが、チャンスはあった。六回だ。無死一、三塁の好機でオコエが打席に入った。阿部監督はセーフティース