◇セ・リーグ中日5―2広島(2020年10月17日マツダ)中日は終盤の逆転劇で7連勝。先発の柳が広島・森下との“明大対決”で7回2失点と力投し、今季4勝目を挙げた。森下の前に7回まで1点止まりだった中日打線だが、1―2の8回に2番手・塹江を攻めて1死一、二塁の好機。3番手のフランスアから大島が四球を選んで満塁とすると、阿部が中前に抜ける逆転の2点適時打を放った。さらにビシエドの2点適時打で点差を広げた。