ももクロが「ファービー」コスプレで参上 - 世界で4,000万個売れた伝説の電子ペットがiphone連動で再上陸

写真拡大

タカラトミーは4日、東京スカイツリーのお膝元・東京ソラマチ スペース634で、新商品「ファービー」の発売と、アイドルグループ「ももいろクローバーZ」のキャンペーン・キャラクター就任を記念したプレス発表会を開催した。

ファービーは、1998年に米Tiger Electronics社が発売したロボット電子玩具(電子ペット)。

日本ではタカラと合併前のトミーから1999年5月にリリースされ、約330万個を販売。

全世界で約4000万個も売れた大ヒット商品である。

そのファービーがこの夏、満を持して生まれ変わり、Tiger社の親会社であるHasbro社から発売され、ついに今秋、日本にも再上陸することとなった。

発表会では、ますタカラトミーの富山幹太郎社長があいさつ。

元祖ファービーのブームを振り返り「当時、コミュニケーションできる電子ペットはまだなく大変話題になった。

自閉症の子を持つお母様から”子どもがファービーと遊ぶうちによくしゃべるようになった”と大変感激されたお電話があったことが印象的だった」と、当時を懐かしむ様子を見せながら語った。

新ファービーについては「技術の進歩を取り入れ、スマホにもつながる”スマートファービー”になった。

家族の一員に加えれば、きっとコミュニケーションが豊かになる。

年齢を超えて、多くの人に愛されてほしい」と期待を寄せた。

次に、中野哲(さとし)執行役員がNEWファービーの商品説明を行った。

PV上映に続き、スクリーンを使ってプレゼンテーションし、特徴として次の5点が紹介されている。

気になる発売日は10月20日(土)で、価格は7,140円(税抜6,800円)。

単3アルカリ乾電池4本(別売)が必要で、連続使用した場合の電池寿命は約10時間となるようだ。

そしていよいよ、キャンペーン・キャラクターに就任したももいろクローバーが登場。

百田夏菜子が「アップルレッド」、佐々木彩夏が「キャンディピンク」、有安杏果が「キウィグリーン」、高城れにが「プラムマーブル」と、担当カラーにちなんだファービーを持ち、自身もファービーコスプレで登場。

来場者から大きな拍手で迎えられた。

もう1人のメンバー、玉井詩織は寝坊して会場に来られない(?)ということで、ビデオメッセージでの参加。

ビデオ中、代理の「ビタミンイエロー」ファービーに「育ての親に似るそうなので、私の大好物の”鮭とば”をあげてみたいと思います!」と無理矢理食べさせようとするも、当然NG……。

「ここは似なかったみたいです。

すみませ〜ん。

もうひと眠りしま〜す」と、よくわからないことになっていた。

これにはさすがのリーダー百田も「ちょっと最近、寝坊が多過ぎ。

ついこないだも佐々木さんが……」とチクリ。

ももクロには1回寝坊で遅刻すると片方の眉を剃り落とす、というルールがあるそうで、佐々木は「全剃りにならないように気をつけま〜す」と反省していた。

そして、ファービーを持ち帰って育てることになったももクロは、どう育って欲しいかと聞かれると、全員が「自分に似て欲しい」と回答。有安と高城は子どもの頃に元祖ファービーでも遊んでいたそうで、久々に再会できてうれしいとも語っていた。