インタビュー:林遣都&桐谷美玲「とにかく、みんなを愛しています」

累計発行部数550万部を突破した人気コミック『荒川アンダー ザ ブリッジ』は、大財閥の御曹司である青年“リク”と自称金星人の“ニノ”を中心に、河川敷に暮らす個性的なキャラクター同士の心のふれあいをコミカルに描いた作品だ。その独特すぎる世界観を、漫画から抜け出したようなキャスト陣とセットで贈る映画『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』は製作決定発表時から大きな注目を集めている。

今回、主演の林遣都、桐谷美玲の2人にインタビューを敢行。林が撮影現場で流したという涙や、実は引っ込み思案な桐谷の素顔について話を聞いた。

――『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』は、「独特な世界観をどう実写化するのか?」という部分に注目が集まっていますが、お二人が原作を読んだ時の感想を教えてください。

桐谷美玲(以下、桐谷):原作の名前は知っていましたが、読んだことはありませんでした。今回のお話をいただいてから読んでみたら「これをどうやって実写化するんだろう!?」って驚きました。ニノはハチャメチャな行動ばかりしていたので、私が演じられるのかな、と不安にもなりました。でも、はやくこのキャラクター達に会いたいと思うようになりました。

林遣都(以下、林):原作自体を知りませんでした。僕はギャグ漫画が大好きでよく読んでいるのですが、今までに読んだことの無いタイプの作品だなと思いました。ただ、ギャグが繰り広げられるだけじゃなくて、少女漫画の様なラブストーリーもあり、小説に出てくる様な言葉が出てきたり、色々な魅力がありますよね。ずっと「人を笑わせる作品」に出演したいと思っていたので、現場がすごく楽しみでした。

――セットも忠実で、本当に漫画から飛び出してきたようでしたね。

桐谷:河川敷での撮影に入る前に、セット組み立ての途中経過などを見せてもらっていたので、すごく現場が楽しみでした。実際に訪れたら「ここから3カ月、ニノとしての生活がはじまるんだ」と思って、ドキドキしました。

:河川敷のセットに入ると、キャストもスタッフの皆さんもとても気分が高まっていていい雰囲気でした。でも、村の住人達が実際に集まったのを見た時に「これから、こんな自由奔放なキャラクター達をまとめないといけないんだ」とプレッシャーを感じて恐くなりました。一気に不安になったのを今でも覚えています。

桐谷:私は、林君がそんなに不安に感じているとは分からず、とても堂々と演じられていたので、後からその話を聞いてビックリしました。初日からアドリブ言ってたよね?

:あれはね、必死だったの。暴露するけど、村の住人が集まった初日に泣いたからね。

桐谷:そうだったんだ!

:今はもう笑い話にしちゃおうと思ってますけど、あんなにプレッシャーを感じたのは初めての経験でした。

――桐谷さんは、現場で不安やプレッシャーを感じたことはありませんでしたか?

桐谷:橋の欄干に立つシーンがありまして、実際にワイヤーで釣られての撮影でした。ワイヤーアクションをやるのが初めてで、風に煽られると揺れてすごく怖かったんですが、ニノじゃないと味わえない良い経験でした。

:僕もワイヤーアクションは初めてで、橋から落ちるシーンでワイヤーを付けて落としてもらったのですが、現場のスタッフさんを信じていたので気持ちよかったです。

――物語は、川で溺れかけたリクをニノが助けたことからはじまりますが、お二人の初対面の時はどんな雰囲気でしたか?

桐谷:こんなに会話が続かないことがあるのか、と思うくらい最初は静かでした(笑)。「何歳ですか? 同い年ですね、シーン……」って。

:そんなんだったっけ(笑)。現場では監督が間に入ってくれたのが大きかったですね。監督は必ず、現場で誰かが素敵なことをした時にそれを皆に伝えるんですね。「ニノはあそこでこういう役作りをしていて素晴らしかったよ」など、伝えてくれるのでこちらもモチベーションが高まりました。

桐谷:現場に入った2日目に林君が仕切ってくれて、みんなでご飯を食べに行ったのも今考えると大きかったと思います。

――この作品は人と人との“距離感”に言及するシーンが多く、セリフにもたびたび“距離感”という言葉が出てきますね。

:確かに、リクを演じてから“距離感”という言葉を考える様になりましたね。「適切な距離感は存在するんだろうか」とか。「これ以上近づくとちょっと……」とか。僕は何にでも影響されやすいタイプだったのですが、受け入れすぎずに人としっかり話をして生活していきたいと思えるようになりました。

桐谷:距離感って難しいですよね……。私、すごく人見知りをするので、人に「距離があるね」と言われることが多いんです。でも、距離を持ちたくてそうしているわけじゃなくて、むしろ近づきたい気持ちがあるので、ジレンマを感じていました。これは私にとっての課題なのですが、この映画をきっかけに人との壁を自分から壊して行こうと思いました。

――それはプライベートでもそうですか?

桐谷:最初はそうですね。でも一度仲良くなってしまうと全部をさらけ出せます。狭く深く付き合うタイプで、それは自分でも良いことだと思っています。なので、その部分はちゃんと残しつつ、最初の距離感をもっと縮められたらって思っています。

――リクは父親から「絶対に他人に借りを作らないこと」を教えこまれ、信条としていますが、そんな信条はありますか?

桐谷:どんな現場でも楽しむように心がけています。嫌だなと思っていると、絶対に観てくださる方に伝わっちゃうと思うので、本気で楽しむようにしています。それから、基本的なことになってしまうのですが、昔から親には「挨拶をされて嫌な気持ちになる人はいない」と言われてきたので、礼儀正しく接することは意識しています。

:僕は、一人暮らしをしているんですけど、自分の時間は極力好きなことだけをするようにしています。今は3DSで「モンスターハンター」をするのにハマっていますね。

桐谷:私もゲーム大好きなんですけど、でも林君、現場ではしてなかったじゃん!

:そうね(笑)。好きなゲームしかしないから。

桐谷:でも、私が現場で携帯アプリのゲームをやっていたら、「またピコピコやって!」とか批判していたくせに、「ちょっとやらせて」っていきなり興味を持ち始めて、貸してあげたこともあります。

:ちょっとした時間つぶしだろうって思っていたら、やりはじめたら止まらなかった。

――桐谷さんはオンとオフの切り替えはどのように工夫されていますか?

桐谷:撮影が終わると、自然と素の自分に戻れるので、意識してオンとオフを使い分けている感じは無いです。お友達にいつも「ほんと普通だよね(笑)」ってあきれられるくらいです。

――この映画は、笑えるシーンはもちろん、全体に流れる優しい雰囲気がとても心地良く、ふと大切な何かを教えてくれる作品だなと感じています。お二人が周囲にこの映画を薦めるとき、どんなポイントを伝えますか?

:僕は映画を観るときに「この作品から何かを学ぼう」とは思っていなくて、『荒川』もそうであって欲しいです。悩みを持っている人でも現実から離れて、ただひたすら楽しめる作品だと思っているので、何も考えずに2時間を思い切り楽しんで欲しいです。

桐谷:『荒川』ワールドにどっぷり浸ってもらえれば大成功だと思っています。でも、村長や星さんは、あんな格好しているけれど、とてもステキなことを言っているのでセリフを聞き逃さないで欲しいなって思います。

――まずは映画を楽しみ、そこから自由に感じて欲しいと。

桐谷:私自身、この映画に出会えたことが本当に楽しくて、驚くほどはやく撮影が終わってしまいました。いつも、自信が無いって思っていて、今もそういう部分はあるのですが、この撮影が終わった瞬間は「頑張ったな」って心から思えました。

:僕は、仲間や友達と過ごす時間が何よりも大切なので、最初はリクの考え方に反対派だったけど、撮影中はリクと同じような状況にいたと思います。みんなに出会えたこと、みんなと一緒に過ごせた時間に「ありがとう」としか言えません。とにかく「みんなを愛しています」って心から思ったし、それが観てくださる方に伝われば嬉しいです。


出演が決まってからコミックを読み、すっかりハマってしまったと語る2人。原作の世界観をとても大切にしている事が伝わってきた。林は自身の役“リク”を演じるにあたり、大きな不安を抱えていたと明かしたが、それを乗り越え映画が完成した今、今後の俳優人生の大きなステップとなったことは間違いないだろう。

『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』 - 作品情報

【 MOVIE ENTER おすすめ記事 】
『荒川アンダーザブリッジ』プレミアイベントに林遣都、桐谷美玲、安倍なつみらキャストが大集合
桐谷美玲が“美食”をテーマに新CM出演、CM曲はmoumoon
映画『荒川アンダー ザ ブリッジ』より“俺のスターアルバム”発売決定