パイナップル(2023年3月16日撮影、資料写真)。(c)Randall CAMPOS / AFP

写真拡大

【AFP=時事】ケニアの首都ナイロビ近郊でこのほど、米野菜・果実加工大手デルモンテ(Del Monte)の農園でパイナップルを盗もうとしたとされる男性4人が遺体で見つかり、警察が殺人事件として捜査をしている。当局が28日、明らかにした。

 先週4人の捜索願いが出され、24日に2人の遺体が、25日にもう2人の遺体が、ナイロビから約50キロ離れた川で発見された。

 家族らは現地局シチズンTVに、殴打されたらしき痕がある遺体もあったと話している。

 ムランガ(Murang'a)郡警察はAFPに、殺人事件として捜査をしているとだけ話した。

 デルモンテは、監視カメラが、死亡した4人が自社の畑からパイナップルを盗もうとしている様子を捉えていたと明かした。

 同社はAFPに宛てた声明で、動画には「デルモンテ側による犯罪行為は映っていないが、窃盗犯が盗んだパイナップルが入った袋を捨てて、警備員から逃げようと川に向かって走る様子が映っていた」と説明した。

「デルモンテ・ケニアは、4人の死亡について捜査を続けている当局に協力している」「同地域では、パイナップル泥棒など、組織犯罪が増加傾向にある」としている。

 デルモンテはケニアで6000人を雇用している。

 

 7月にはデルモンテの別の農場で警備員がパイナップルを盗んだとされるティーンエージャー2人を車でひいたとする、英紙ガーディアン(The Guardian)などの調査報道記事が公開された。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
有名紅茶ブランドのケニア農園で性暴力横行 BBC報道
パーム農園で強制労働させ拷問死、4人に禁錮刑 インドネシア
リンチ恐れ泥棒自ら通報 バングラデシュ