深田恭子さん(2015年撮影)演じる主人公の「一家の危機」を救ったのは…

写真拡大

俳優の深田恭子さん主演のドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)第8話が2020年12月3日、放送された。深田さんの娘・杏(小畑乃々さん)がくりだした必殺技「Lの呼吸」に、SNS上で沸き立つ声が続出している。

主人公「華」の娘が...

来年映画化決することが決定した同作。「代々泥棒一家」の娘である主人公らの活躍を描く19年放送作の続編で、今作から華(深田さん)と夫の和馬(瀬戸康史さん)との間にできた娘の杏が小学生となって登場。これまで、自分の家族が泥棒一家だとは知らされずに生きてきた杏だが、ついにLの一族瓩寮蟻里鮹里辰討靴泙Α

なんとか誤魔化そうとする華の母・悦子(小沢真珠)だが、父・尊(渡部篤郎)は「じぃじたちはLの一族だ。今まで黙ってて悪かった」と真実を告白。杏は大粒の涙をこぼしながら「杏も悪いことをしなきゃいけないの?」と拒絶し、その場を去っていってしまうのだった。

終盤、敵の盗賊団たちに追い詰められしまった華たち。トドメを指されそうになった瞬間、絶体絶命の危機を救ったのはなんと杏だった。しかもその姿は、ベロア生地の全身コスチュームに仮面をつけたLの一族でおなじみの格好。側転にバク転...、およそ小学生とは思えぬ素早い動きで敵の攻撃を掻い潜ると、中腰に手を前に出したポーズで「Lの呼吸、弐の型」と静かに一言。次の瞬間、「定吉!」と代々受け継がれる高速手刀をお見舞いし、見事敵を成敗するのだった。

「無いわ? 鬼滅好きやけど...」の声も

「〇〇の呼吸」といえば、大人気漫画「鬼滅の刃」に登場する身体活性法「全集中の呼吸」を彷彿とさせたようで、視聴者からは「杏ちゃん小学生だもんねそっちでも鬼滅流行ってんのね」「この強さなら、史上最年少で柱になるかも笑」「Lの呼吸 2の型 確信犯だろうwww  Lの呼吸www ルパンの娘何でもアリかいwww」などと大盛り上がりを見せる一方、「ちょっと... なんでも鬼滅乗っかるなし」「ルパンの娘は好きやけど Lの呼吸は無いわ? 鬼滅好きやけど...」などと、流行りの「キメハラ(鬼滅ハラスメント)」と捉えて萎えてしまう声もあがっている。

12月10日は「ルパンの娘〜愛の物語〜」と題したスペシャルエピソードが放送される。