沖縄県警は13日、警察署に留置されていた女性に卑わいな行為をしたとして、特別公務員暴行陵虐容疑で巡査長の男(41)を那覇地検に書類送検したと発表した。

 県警は同日、巡査長を停職1カ月の懲戒処分とした。巡査長は依願退職した。

 調べでは、巡査長は平成28年12月中旬、看守として勤務していた県内警察署の留置場内で、女性の前で自慰行為をしたとしている。今年5月に女性から相談があり、発覚した。容疑を認めているという。

 県警によると、巡査長は勤務中で、女性の部屋には入らず、鉄格子ごしに卑わいな行為をした。動機について、「女性が自分に好意を持っていると思い込んでいた」と話している。余罪などはなく、ふだんの勤務態度にも問題はなかったという。

 県警の与那城武首席監察官は「言語道断であり、県民の皆さまにおわび申し上げる」と謝罪した。