今も公然と売春が行われ“売春島”と呼ばれている三重県の離島・渡鹿野島――。「ヤバい島」として長くタブー視されてきたこの島の実態に迫ったノンフィクションライター、高木瑞穂氏の著書『売春島 「最後の桃源郷」渡鹿野島ルポ』(彩図社)が、単行本、文庫版合わせて9万部を超えるベストセラーになっている。

【画像】“売春島”の置屋で顔見せをする売春婦たち

 現地を徹底取材し、夜ごと体を売る女性たち、裏で糸を引く暴力団関係者、往時のにぎわいを知る島民ら、数多の当事者を訪ね歩き、謎に満ちた「現代の桃源郷」の姿を浮かび上がらせたノンフィクションから、一部を抜粋して転載する。

(全3回の1回目。#2、#3を読む)


夜の“売春島”の様子(著者提供)

◆◆◆

“売春島”で人身売買をしていた元ブローカー

 どうして僕がこの“売春島”に魅せられたのか、そして表も裏も歴史や内情を紐解き一冊の本にするまでに至ったのか。

 その昔、といっても約8年前(取材時)、僕はある週刊誌の取材で初めて、この“売春島”を訪れた。

 体験ルポの体裁で、“売春島”の実態を潜入取材する。そこで見たものは、置屋はもちろんホテル、旅館、客引き、飲食店などでも女のコを紹介、斡旋してくれセックスできるが、一方で桃源郷と呼ぶにはほど遠い、寂れたこの島の実態だった。そして、“売春島”の今を定点観測できただけで満足し、先人たちと同様にヤバい島だと書き記すだけで、あくまで興味本位に過ぎなかったのである。まだ、この時は。

 その後、僕は一人の男と出会った。フリーライターという職業柄、新たなネタを探していた。そのなかで、件の“売春島”で人身売買をしていた元ブローカーに話を聞くチャンスが降ってきた。

 それが、後述するX氏である。僕は、別の週刊誌に『元人身売買ブローカーが明かす「伝説の売春島」の真実』というセンセーショナルなタイトルで、Xが体験した“売春島”の内幕記事を書いた。

 これまで闇に埋もれていたこの島の暗部を浮き彫りにするX氏の証言に、僕は大きな衝撃を覚えた。それ以来、「もっとこの島のことを知りたい、探りたい」という取材者としてのエゴが沸々とした。

伊勢志摩サミット開催で注目されて…

 そして、2016年5月のサミット(G7首脳会議)により、ふたたび“売春島”が注目されたことで、機が熟す。

“売春島”は、サミット会場になった賢島にほど近い位置にある。それにより複数の雑誌媒体などが“売春島”とサミットを関連させ、いまだ売春産業が続くこの島の現状をルポし、それと同時に行政側の隠蔽体質を浮き彫りにした。

 しかし、それらの報道は、当事者たちを置き去りにした問題提起に過ぎなかった。僕が8年前から数回に亘ってこの島をルポしてきたように、年々疲弊する島の現状を伝える。観光業を全面に押し出しクリーン化を進める流れと、対極にある売春産業、その光と影の上澄みだけを掬い取り“過渡期”と論じる。それ以上でも、以下でもなかったのだ。

 これが僕を突き動かした。

“売春島”では今も公然と売春が行われており、これは許されるものではないだろう。しかし、僕は売春産業に関わる者たちに触れ、なぜ公然と売春が続いてきたのかを知りたいと思った。“売春島”の成り立ちはもちろん、観光業に転じた経緯、そして凋落した現在に至るまで。過渡期と論じるだけでなく、内側に入り込み、自らの目でその状況を確かめ、当事者たちに真実と本音を聞いてみたいと思ったのだ。

「そんなリスクを冒してまで売り飛ばしたくない」

――そして、2016年12月。僕は“売春島”の取材を始めた。

 そもそも“売春島”は、なぜ娼婦が売られてくる島になったのだろうか。

 その暗部を紐解くには置屋経営者やブローカーなどに話を聞かなければ始まらない。まずは旧知の仲の、ベテランスカウトマン・宮下(仮名)を頼った。

「昔は沖縄・真栄原のちょんの間や長野県上山田温泉の本番コンパニオンに女を入れ込んだことがあるけど、俺のようなグレー系のスカウトでも売春島はないね」

 東京・渋谷を根城とし、どんな女でもカネに換えることで“ブス専門の沈め屋”としてその名を業界に轟かせていた宮下でも売り飛ばした経験はないと言う。

「売春島はスカウトマンが介入できないんですか」

 宮下は言った。

「そもそも俺らがスカウトして風俗に流すのは、楽に稼ぎたいだけでそれほど覚悟がない、ともすれば逃げるような女なの。真栄原のちょんの間に売り飛ばした女は、ホスト狂いで200万のツケがあった。それで長年、仕事をするなかで知り合った、半グレのブローカーを頼って、そのブローカーはヤクザに引き渡したらしいんだけど、それもツレだった担当ホストから、『なんとかカネにしてくれ』と頼まれ、仕方なく。

 俺らの実入りは成功報酬が基本で、あくまで女がある程度働いたらカネになる。そこにきて真栄原は、バンス(前借り金)ありきで女を売り飛ばすシステムなので、仮に女が逃げたら俺らの器量ではケツ(責任)が取れない。企業舎弟みたいな会社を通した上山田の案件にしても、必ず『一筆書いて』と言われる。だから、できればそんなリスクを冒してまで売り飛ばしたくないのが本音なんだよね」

ヤクザを使って沖縄や“売春島”に

 女が逃げたら、一介のスカウトでは保証ができない。だからヤクザが介在するのかと聞くと、彼は得意げに解説した。

「いや、ヤクザは店との橋渡しをするだけ。あくまで女の保証人は連れてきた俺らか、俺らとヤクザの間に入るブローカーになる。

 だからブローカーも慎重だったよね。女のコの面接をして、そこで覚悟を聞いて。もちろん同時に説得もする。それで大丈夫だと確信を得て初めて、ヤクザに引き合わせる。そうして間に何人も入るから、俺らスカウトも極力リスクを負わなくて済む。すると当然、実入りも少なくなる。折半の折半で、手にできるのは800万のバンスのうちの4分の1。たった200万をホストと分けた。

 多重債務者など追手から逃げたい女は別として、ホストで売り掛けを作ったような、有って無きカネでさほど覚悟もないまま売り飛ばされるヤツらは、逃げる可能性がある。だからヤクザを使って沖縄とか売春島とか、離島で脱出手段の乏しい場所に沈めるしかないんだよね。

 ブローカーは『1000万は楽に稼げるよ』とクロージングし、ホストの売り掛けが200万のところ、800万の借用書を書かせて、女はカラダを売り続けさせられた。それでも10年前の真栄原はまだ景気がよかったから、1年後、300万ほどカネを作って帰ってきましたよ」

 宮下が話した内情は、さらに売春島の闇を色濃くした。真栄原に沈められた女からすれば、元金の4倍もの借金を返済したことになるが、女の作った、有って無き借金に群がる男たちの中にヤクザも介入しているのは間違いないようだ。

 しかし、疑問もある。宮下の話すブローカーは直接、店と取引した方が実入りはいいはずなのに、どうしてヤクザを頼るのか。一介のスカウトマンである半端な宮下は別として、素性が知れず、ともすればヤクザかもしれないブローカーなら、ヤクザを飛ばして仕事をしたとしてもおかしくない。

「5人ほど売り飛ばしましたよ」

 こうして階層形式の人身売買ルートが確立されている裏には、何があるのか。それを辿るため、さらに僕が方々の知人を頼った末に「彼なら知ってるかも」と紹介されたのは、元闇金業者の西条司(仮名)だった。

 1990年代後半、西条は、ある巨大闇金グループの幹部として鳴らしていた。金利はト5(10日で5割の利息)。この暴利から分かるように、フツーの金融屋が相手にしない、もう何処からも借りられない人間たちから、身包みを剥ぐ仕事である。数多の部下を抱えるなど頭角を現し、月2000万もの給与を手にした西条は、いつしか善悪の区別もなくなり、悪事を働く対価で得たカネで我が世の春を謳歌したという。

 何気ない日常だったかのように、そう淡々と話した彼の経歴を一通り聞いた後、僕が売春島の取材をしていることを告げると、彼は「ああ、三重のあそこね」と、語調も変えず続けた。

「5人ほど売り飛ばしましたよ」

 あまりのタイミングのよさに驚いた。

「新規開拓のため、名簿屋から風俗嬢の債務者や滞納者リストを手に入れ、無作為にDM(ダイレクトメール)を送りつけてカネを貸していた時期がありました。でも女は、特に風俗嬢はよく焦げ付くんですよ。困ってウチの会長に相談したところ、『ガラ(カラダ)だけ抑えればカネにしてくれるよ』と、女衒を紹介されたんですよね。

 その女衒は最後まで素性は明かしませんでしたが、おそらく稼業の人間(ヤクザ)だと思います。男ならゲイビデオに出演させる、女ならソープで働かせるなどして返済させます。

 でも、ウチの債務から逃げた人間を捕まえてカネにしようと思っても、ゲイビデオやソープだとまた逃げる可能性があるので、島に売り飛ばす他に方法がなかった。ソープの場合は債務者だと飛ぶ可能性があるからバンスが出ません。

 だから、基本は自らソープに働きに行かせ、稼いだカネから定期的に返済させるんですが、あくまでそう仕向けるだけで。たかだか20〜30万の債務で軟禁しながら働かせて訴えられたりしたら、身も蓋もありません。なら、ガラ(身体)だけ抑えて売り飛ばした方がラクだから。興味本位で沈める場所を聞けば、三重の“売春島”でした」

ヘルスで働く27才のシャブ中毒女性のケース

 手っ取り早く債権を回収するため、女は女衒に売り飛ばす。もちろん、全ての闇金が同じ手法ではないだろうが、少なくとも西条の回りでは20人の女が島流しされたという。

「ヘルスで働く27才のシャブ中毒女には、ト5(10日で5割の利息)で10万貸しました。1回目の利息は返済したものの、2回目で飛んだ。だからその女を新宿で捕まえるとすぐに、女衒に50万で買い取ってもらいました。22才、ホスト狂いのソープ嬢は元金が50万だったので、少々高めの90万で買い取ってもらうことに。そういえば、1人AV女優もいた。素性を覚えているのはこの3人だけですね。

 ガラを抑えたら、すぐに女衒を呼ぶんです。『私、どうされるんですか……』。女たちはそう不安を口にしました。もちろんビビらせてもしょうがないので、『働いてもらうだけだよ』と、優しく諭す。『嫌だ』と拒むコもいるけど、『ならお金返して』と返せば、ぐうの音も出ない。結局、お金が作れなくてこうなってるんですから。

 でも、そうした人身売買で一番恐ろしいのはやはり、臓器売買ですよ。老若男女問わず、医者の診断で致命的な疾患がなければ誰でもカネになる。借金の額にもよりますが、通常は肝臓、腎臓など。それらでも50万は下らなかった。売ったことはないけど、眼球なら数千万で買ってくれるらしい。リスクは負いたくないから、その先にどんなシンジケートがあるか知らないし、知りたくもない。ウチとしては最悪、元本が回収できればいいわけで。だから、売春島に売られるなんて甘い方だと思います。10万の元金から、最終的に3億の自社ビルを奪ったこともありますからね」

 臓器売買の話に身を縮ませながら、聞いた。

「どんなルートで、女衒は島に送るのでしょう。仮に女衒がヤクザだとして、やはり、さらに身分が上のヤクザに引き渡し、その兄貴分が置屋と繋がっているのでしょうか」

 僕は、女衒がどんなルートで“売春島”に売り飛ばすかを知りたかった。これこそが、売春島の全容を知る手がかりになると思ったからだ。

「『“売春島”に連れて行くんだよ』と、聞いたまでですね。女とウチの借用書、それまで知り得た女のデータなどと引き換えに、女衒から現金を受け取れば、それでおしまい。後のことは知らぬ、存ぜぬです」

 西条は、できればそれ以上は関わりたくない、だから知りたくもなかった、といった調子で天を仰いだ。

どんな組織が“売春島”を仕切っているのか

 余計な詮索は身を滅ぼしかねない。こうしてヤクザが暗躍し、人身売買のルートが確立されていた90年代後半の“売春島”は、カネに塗れた悪党の彼であってもアンタッチャブルな存在だったということだろう。

 しかし、だからといって立ち止まるわけにもいくまい。2人の話を聞いたが故に、新たな取材への道が見えてきたのである。

 果たして女衒とはどんな人物なのか。その先にはヤクザが暗躍しているのか。過去の摘発事例からすれば、女衒から何から暴力団組織の仕事なのかもしれない。だとしたら、どんな組織が“売春島”を仕切っているのか――。

「ショート2万、朝まで4万。置屋ではママが…」“ヤバい島”の実態を元ヤクザが赤裸々証言 へ続く

(高木 瑞穂/Webオリジナル(特集班))