街コンや婚活パーティーに参加すると、自分だけ置いてけぼりになった気分に……。人見知りに悩みながらも婚活をしている人なら、このような経験に覚えがあるはずです。
そこで今回は、人見知りが原因で婚活がうまくいかないと悩むあなたに向けて、今すぐ試すべき対策をご紹介します。

婚活の際に試したい人見知り対策

1. 人見知りする状況や条件を認識する

まずは、あなたがどんなときに人見知りをするのか考えてみましょう。人見知りをする人は、初対面の相手と話すことが苦手だと思います。それでは同性ならどうでしょう? 同級生なら? どんなタイプの人なら話せそうですか?
一口に人見知りといっても、人見知りをする状況や条件はさまざまです。人見知りについて理解を深めることで、緊張しながらも少しなら話せる人の傾向が分かるはず。人見知りだから婚活は諦めようと思っている人は、もう少し粘ってみてもいいのではないでしょうか?

2. 興味・関心を増やす

人見知りに悩んでいても、「共通の会話があれば話せる」という人も多いですよね。例えば、同級生や同じ趣味をもつ人と話すときはそこまで緊張しないはずです。人見知りをする人は、取っ掛かりを見つけるのが苦手なだけ。その証拠に、人見知りをする人は案外お喋りなケースも少なくありません。
そこでおすすめしたいのは、会話のきっかけ探しです。興味や関心が向けられることを増やし、会話のきっかけとなる知識を増やしましょう。

3. 一人で行動することに慣れる

人見知りを克服するには、一人で行動することに慣れる必要があります。例えば、習い事を始めたり、気になっていたセレクトショップに入ってみたり……。頼る人がいない状況に身を置き、お一人さまの経験を積むことで人見知りから脱却するのです。
また、このお一人さまの日々は新たな出会いを運んでくることもあります。婚活への備えが出会いのきっかけとなるケースもあるので、一人で行動する日はお気に入りのメイクとファッションで出掛けましょう!

4. 異性と接する機会を増やす

男性に対して人見知りをしてしまう人は、単純に異性と接する機会が少なすぎるだけかもしれません。入社当時に比べてこなせる仕事の量が増えているように、異性と接する機会が多ければ多いほど慣れてくるものです。同性が集まる学校や職場に身を置いている人は、異性と接する機会を増やしてみてください。
ただし、人見知りは一日や二日で克服できるものではありません。まずは自分から挨拶する、メールではなく電話で連絡するといったように、手軽なことからスタートしましょう。

5. 婚活の方法を変えてみる

婚活といえば、街コンや婚活パーティーが一般的です。しかし、それらは人見知りの人にとっては非常にハードルが高い出会い方ですよね……。
婚活の方法はさまざまなので、街コンや婚活パーティーに絞るのではなく、マッチングアプリやカウンセラーのいる結婚相談所の利用も視野に入れてみてはいかがでしょうか? それも難しい場合は、社会人向けのサークルがおすすめです。また、ペット好きが集まる婚活など、一風変わった気軽な婚活方法もあります。いろんな形の婚活を知って、自分に合う婚活の方法を見つけてみてくださいね!