『コンフィデンスマンJP』で「第62回ブルーリボン賞」主演女優賞を受賞した長澤。続編は東出不倫でロケ延期に

写真拡大

 2月の3連休のある日、長澤まさみ(32才)がうれしそうな表情で自宅マンションから出てきた。向かった先は近くに住む友人の家。そこには事務所の先輩の野波麻帆(39才)や浅見れいな(36才)も集まっていた。

【別写真】長澤まさみ、体のラインがわかる超タイトな透けドレス姿

「長澤さんは最近、友人宅で食事会を開き、手作りの健康的なご飯を食べるのにハマっているんです。この日は2月に入ってから2回目の開催。野波さんが作った野菜たっぷりのご飯を食べ、友人の子供とも交流したそう。こだわったメニューのおいしい食事を味わいながら、赤裸々本音トークもポンポン飛び出すとか」(ファッション誌関係者)

 2020年は長澤にとってデビュー20周年の記念すべき年だ。出演した中国映画が1月末に現地で、5月1日には大ヒット映画『コンフィデンスマンJP』の第2弾「プリンセス編」が公開予定。初夏に公開される主演映画『MOTHER マザー』では、異常な性的欲望を持つ女性という難役を演じる。

 そのほかにも、舞台にテレビドラマにと大忙し。まさに20周年に相応しい活躍ぶりなのだが、ここにきてトラブルが続出している。

「中国映画が新型コロナウイルスで公開延期になったんです。それは仕方のないことですが、『コンフィデンスマンJP』第3弾のハワイロケ中止は、まさに“人災”。理由は共演する東出昌大さん(32才)の不倫問題です。東出さんは長澤さん演じる主人公のダー子と行動をともにする詐欺師役で、メインキャストのうちの1人だけに影響は大きいんです」(芸能関係者)

 記念すべき年に、無関係の“不倫トラブル”に巻き込まれるとは…さぞ、お怒りだろうと思いきや、当の長澤は、どこ吹く風で元気いっぱいだという。

「今回の食事会でいちばん盛り上がったのも、東出さんの話題。一部メディアには『長澤激怒』などと書かれていますが、長澤さんは“私は東出くんのことを全然責められないんだけど!”と話していたそうです。

 自分がこれまで出演してきた作品には不倫や浮気がたくさん出てきたし、特に『MOTHER』で彼女が演じるのは不道徳のかたまりのような女性。作品の世界と世間の“不倫たたき”のギャップがありすぎて、かえって冷静になれているようです。

 もともと東出さんとは同い年で仲がよく、“早く東出くんに会ってイジリたい”と笑いながら話していたそうですよ」(別のファッション誌関係者)

 長澤は昨年公開された映画『コンフィデンスマンJP』でブルーリボン賞主演女優賞を獲得。2月18日の授賞式ではこんなコメントを残した。

「昨今はいろんな情報が錯綜して、コンフィデンスマンの世界のように、何が本当で何が嘘かわからないところがあるなと思います。(ダー子は)自分なりの信念のもとに、自分で見たもの、感じたことに突き進んでいく…私もダー子のように信念を持って生きていきたい」

 長澤について友人たちは「周囲に流されない人」と口を揃える。彼女の言動はブレないようだ。

※女性セブン2020年3月12日号