2020年クラシック候補たち
第1回:コントレイル

 今春の3歳クラシックにおいて、牡馬戦線では早くも「大本命」と言われる存在が現れている。ここまで3戦3勝、昨年末のGIホープフルS(12月28日/中山・芝2000m)を制したコントレイル(牡3歳/父ディープインパクト)である。


GIホープフルSでもズバ抜けた強さを見せたコントレイル

 栗東トレセンの矢作芳人厩舎に所属する同馬は、昨秋の2歳新馬(9月15日/阪神・芝1800m)でデビュー。大外枠から好スタートを切ると、好位につけて追走し、直線を迎えると早々に先頭を捕らえた。そのまま、鞭を入れずに抜け出して、2着以下に2馬身半差をつける楽勝で初陣を飾った。

 その若駒が真の強さを見せたのは、2戦目のGIII東京スポーツ杯2歳S(11月16日/東京・芝1800m)だった。アルジャンナ、ラインベックといった素質馬が集うなか、再び1番人気に支持された同馬は、淀みなく流れるレースにおいて、中団をゆったりと追走。直線に入ると、一気に仕掛けていった。

 圧巻だったのは、そのあとだ。外からすぐに先頭へ躍り出ると、鞍上のライアン・ムーア騎手の剛腕に応えて、後続をぐんぐん突き放していった。最後は、2着アルジャンナに5馬身差をつける圧勝劇。レースを見守るファンに、強烈なインパクトを与えた。

 しかも、2歳レコードとなる1分44秒5という勝ち時計をマーク。関係者の度肝を抜いて、翌春のクラシックの最有力候補に浮上した。

 注目度が増すなか、3戦目はホープフルSに出走。初戦でコンビを組んだ福永祐一騎手を背にして、好位4番手でうまく折り合ってレースを進めた。そして、3コーナーから4コーナーにかけて徐々に進出し、2番手で直線を迎える。                             

 その後は、再び手綱を持ったままで先頭へ。後続を寄せつけず、余裕しゃくしゃくのレースぶりを披露し、GIタイトルを手にした。さらに、GI朝日杯フューチュリティS(阪神・芝1600m)の覇者サリオスに大差をつけて、2歳王者(最優秀2歳牡馬)にも輝いた。

 能力の高さといい、レースぶりといい、クラシックへの不安がまったく見当たらないコントレイル。巷では、ディープ産駒の「最高傑作」と称され、はや三冠達成の期待までかかっている。

 まさしく世代を代表する「大物」と言える同馬について、管理する矢作調教師はどんな手応えを得ているのか。関西競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。

「矢作調教師は、東スポ杯2歳Sのレースを振り返って、『ここまで強いとは思っていなかった。想像を超えていた』と話していますね。また、中山よりは東京向きのイメージを抱いていたようで、ホープフルSの前には『中山の芝2000mは向かない』とこぼしていたのですが、いざふたを開けてみたら、あの楽勝。あらためて、この馬の強さに驚かされたようです」

 トラックマンは続けて、矢作調教師が教えてくれたという、こんなエピソードを紹介する。

「矢作調教師によれば、コントレイルは育成期間に調教を積めない時期が半年近くもあったそうです。ゆえに、矢作調教師は『その期間がありながら、この強さだから、(秘めた能力は)相当なもの』と、絶賛していました。矢作厩舎では、GIを多数制したリスグラシューが引退。コントレイルが、同厩舎の次の”看板馬”になることは間違いないでしょう」

 なお、同馬はGI皐月賞(4月19日/中山・芝2000m)に直行することを表明している。先述のトラックマンによれば、その点についてのイメージも、矢作厩舎ではすでに出来上がっているという。

「矢作調教師は、『皐月賞の4週間前に(コントレイルを放牧先から厩舎に)戻す』と話していました。仕上がりを計算できるタイプの馬なので、直行のローテーションにも、さしたる不安はないようです」 現時点では、何ら隙がない印象があるコントレイル。このまま無敗街道をばく進して、クラシック制覇を果たすのか。その動向から目が離せない。