©ももクロChan

写真拡大 (全4枚)

アイドルグループ・ももいろクローバーZの冠番組『ももクロChan』。

テレ朝動画で公開中の『ももクロChan』DX版の最新エピソードでは、新企画「玉井にハマれ!」をお届けします。

©ももクロChan

この「玉井にハマれ!」は、お笑い好きの玉井に届いた若手・中堅芸人からの“逆オファー企画”。

過去に放送した企画の「新世代MCオーディション」では、玉井と即興で漫才を披露した東京ホテイソンがその後、今年の夏に開催されたももクロのライブ「MomocloMania2019」で実施されたマラソンのリポーターに抜擢され、ついにはライブのエンディングで約33000人が見つめるステージに立つなど大躍進しました。

そんな東京ホテイソンをみた若手・中堅芸人界隈では「玉井とネタでコラボしてウケれば、ももクロのライブに出られる!」という根拠のない噂が…。

そこで東京ホテイソンに続けと、10組の若手・中堅芸人が大集結! それぞれ玉井にネタを披露し、彼女が“やってみたい”“見ていたい”の札でコラボしたいか、したくないかを判定します。

今回は、参加者のなかで唯一の女性芸人・ゆーびーむ☆が登場。玉井はゆーびーむ☆と「不動産屋しか知らない、一見よく見える物件の悪い点」を音楽にのせて紹介するネタでコラボ。

息ピッタリの2人に「めちゃくちゃ売れそうな2人」「CMきそう」と進行役の東京03・飯塚悟志も大絶賛していました。

続いてネタを披露したのは、ももクロファン歴9年の“モノノフ”(ももクロのファンの総称)であるパーティ内山。

しかしネタ披露後、飯塚が「こんな芸風だった?」と疑問をぶつけると、「違います」「でも今日はしおりん(玉井)にちゃんとしたのを見せないとって…」と内山はしどろもどろ。

それを見た飯塚は「芸風変えまでモテようとするな!」と、内山を一喝。玉井がくだす判定は…?

このほか、玉井が5年前にももクロChanで共演して以来コラボを熱望していた芸人や、手作りの小道具を駆使したコントが魅力のコンビも登場します。

©ももクロChan

定点観測のコーナーでは、エキセントリックコミックショー『永野と高城。Vol.3』初日の舞台裏にカメラを設置。

©ももクロChan

ももクロ・高城れにと芸人・永野が2人で行うこのツーマンコントライブ。舞台裏トークのなかでは、高城がコント中に“ある行動”をしていたことが明らかになります。

未公開映像満載の『ももクロChan』DX版は、必見です!