プロのスタメン認定は信頼の証♡本当にオススメな新作&定番チーク4選

写真拡大 (全12枚)

ふわっとのせるだけで、血色が良くなり印象が変わるチーク!チークは顔の中でものせる範囲が広いので、ただ色をのせるだけでなく仕上がりの自然さや発色の綺麗さ、質感はとても重要です。自然に綺麗に発色するチークはリピ買いしたり、色違い買いしたり。今回は私が普段から愛用しているスタメンチークをご紹介します。

【詳細】他の記事はこちら

美仕上がりのスタメンチーク!

チークを選ぶ時には、頬への馴染みの自然さ、発色の綺麗さ、そして顔全体で見た時にバランスが取りやすいかなどを確認しています。

スタメンチークも、まさにそんな条件にぴったりはまるアイテムです。

・CHANEL ジュコントュラスト 86 ディスクレシオン
・ロレアルパリ ルバーアブラッシュ  02
・アンプリチュード コンスピキュアスチークス 04 コーラル
・クリニーク チークポップ 20

普段のメイクでよく使っているスタメンコスメです。パウダーチークは色の調整もしやすく、ふわっと自然に頬に色をプラスできるのでスタメン入りしやすいアイテム。

パウダーだとパサつき感や乾燥が目立ってしまわないか心配…と思うこともありますが、この4アイテムはどれもパサつき感が少なく頬がツヤっと綺麗に見えます。

それぞれ比較すると、色味だけでなくラメやパール感にも違いがあります。

チークは頬に色をのせるアイテムなのでどんな色味なのかはもちろん重要ですが、ラメやパールの種類、有無でも仕上がりに差がでて印象が変わるので購入する際には必ずチェックするポイントです。

CHANEL/ジュコントュラスト 86 ディスクレシオン

愛用歴が最も長いチークです。同じカラーをリピート買いしたり、他カラーも使ったりとお気に入りのスタメンコスメ。

ジュコントゥラストはベイクド製法のチークで、ふわっと自然にテクニックいらずに仕上げることができます。

粉がブラシにつきすぎることないので、一箇所だけ濃くなってしまうという心配も少ないです。愛用している86のカラーは、自然に血色感がプラスされるような色味でアイメイクやリップの様々なカラーと合わせやすいので使用頻度もとても高いです。

ロレアルパリ/ルバーアブラッシュ  02

2019年9月に発売されたばかりの新作アイテムです。プチプラとは思えない粉質で、パサつき感を感じず綺麗な頬に仕上げることができます。

新作アイテムですが、その仕上がりがとても綺麗なのでスタメンコスメとして使用しています。

ルバーアブラッシュ 02はスタメンコスメの中で最もラメ、パール感がしっかりとあります。このラメ、パールのおかげで少し遠くから顔を見た時に、光が綺麗に反射をしてツヤっと見えるのです。パウダーチークで立体的に、そしてツヤを出したい時にぴったりなチークです。

アンプリチュード/コンスピキュアスチークス 04 コーラル

ハイライトとチークがセットになっています。ハイライトにはとても細かいパールが配合されています。

先にハイライトをのせ、その上にチークを重ねて仕上げるのがおすすめの使用方法です。

このハイライトとチークの組み合わせで、内側から潤っているかのようなツヤ感、そして自然な血色感を出すことができます。このツヤはテカテカとしたツヤではなく、ものすごく自然で、作り込んだ感がない上品なツヤです。

そして色持ちがいいのもこのチークをスタメンコスメとして使用する大きな理由の1つです。

お直ししなくても、夕方以降も綺麗な血色感ある頬をキープできます。

クリニーク/チークポップ 20

カラーバリエーション、見た目の可愛さから人気のチークポップは色違いで使うほどお気に入りのスタメンコスメです。

黄味が強いカラーだと、カジュアルな仕上がりになりすぎてしまって使う時を選んでしまうことが多く、なかなか手が出しにくいこともあります。

しかし、チークポップ20は絶妙なアプリコットカラーで肌にすっと馴染み、肌がいつも以上に綺麗に見えます。

他のチークを使う前に、プレチークとして仕込んでおき色味を調整したりといった使い方もできる万能チークです。

ただ色をのせるだけにチークを使っていたらとても勿体無い!粉質や色味や、ラメやパールの違いでメイク全体の印象に大きく関わってきます。

スタメンコスメはどんな時にもその仕上がりが安定しているので、頼れるアイテムです。チークをお探しの方は、ぜひチェックをしてみてください!