百日咳の患者の増加が止まらず 新生児や乳児がかかった場合は死亡の恐れも

ざっくり言うと

  • 2019年に入って、全国の「百日咳」の患者数が1万1100人となったという
  • せきが長く続くのが特徴の感染病で、赤ちゃんがかかると死亡する恐れもある
  • 医師らは、せきが続くなどの症状があれば早めに診察を受けるよう呼びかけた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング