バレンシアが11年振りに国王杯優勝!…バルサは前半2失点で5連覇逃す

写真拡大

 コパ・デル・レイ決勝が26日に行われ、バルセロナとバレンシアが対戦。バレンシアが2−1で勝利を収め、11年振りのコパ・デル・レイ優勝を果たした。

 バルセロナは準決勝でレアル・マドリードを2戦合計4−1で撃破。バルセロナがこの試合に勝てば初の5連覇が決まる。一方、バレンシアは準決勝でベティスに勝利。同クラブは11年ぶりの決勝進出を果たし、2007〜2008シーズン以来のタイトルを狙う。今シーズンのリーグ戦でのバルセロナとバレンシアの対戦結果は、バレンシアのホームで1−1、バルセロナのホームで2−2と、2戦とも引き分けている。

 試合は5分、最初にチャンスを作ったのはバレンシア。クレマン・ラングレの最終ラインでのクリアミスにロドリゴが反応。ロドリゴはペナルティエリア(PA)左でシュートを放つが、ジェラール・ピケがゴール前まで戻って弾く。バルセロナは先制点を与えない。

 バルセロナは18分、こぼれ球を拾ったセルヒオ・ブスケツがリオネル・メッシに縦パスを出す。メッシはPA内からシュートを撃つが、相手選手が外に弾く。

 試合が動いたのは22分、左サイドのホセ・ルイス・ガヤが最終ラインからロングフィードを受け取ると、グラウンダーのクロスで折り返す。フリーになっていたケヴィン・ガメイロはバルセロナDFジョルディ・アルバをかわすと、そのままゴール右上に沈めてバレンシアが先制に成功。

 さらにバレンシアは33分、カルロス・ソレールが左サイドでアルバに競り勝つと、ゴール前にクロスを供給。ロドリゴがヘディングで押し込み、バレンシアは追加点を奪う。バレンシアの2点リードで前半を折り返した。

 後半に入るとバルセロナは51分にフリーキック(FK)を獲得。キッカーのメッシは直接狙うが壁に弾かれる。56分、メッシはマルコムとの連携からPA右からシュートを放つがポストに弾かれる。

 バルセロナは73分、右コーナーキック(CK)を獲得するとマルコムがクロスを入れる。ラングレがヘディングで狙うとポストに弾かれる。こぼれ球に反応したメッシが落ち着いて押し込み、バルセロナはバレンシアとの点差を1点に縮めた。

 追いつきたいバルセロナは前線に人数をかけて果敢に攻めるが、このまま試合終了。バレンシアが2−1でバルセロナに勝利を収めた。

 この結果、バレンシアは2007〜2008シーズン以来11年振りにコパ・デル・レイを制覇。一方、バルセロナのコパ・デル・レイ連続優勝記録は「4」でストップした。

【スコア】
バルセロナ 1−2 バレンシア

【得点者】
22分 0−1 ケヴィン・ガメイロ(バレンシア)
33分 0−2 ロドリゴ(バレンシア)

【スターティングメンバー】
バルセロナ(4−3−3)
シレッセン;アルバ、ラングレ、ピケ、セメド(46分 マルコム);アルトゥール(46分 A・ビダル)、ブスケツ、ラキティッチ(77分 アレニャ);コウチーニョ、メッシ、S・ロベルト

バレンシア(4−4−2)
ドメネク;ガヤ、パウリスタ、ガライ、ソレール;グエデス、コクラン、パレホ(65分 コンドグビア)、ヴァス;ガメイロ(72分 ピッチーニ)、ロドリゴ(88分 ディアカビ)