“スター候補”たちの市場価値は? ポジション別のランキングを作ってみた!

写真拡大

 5月23日に開幕するFIFA U−20 ワールドカップポーランド2019。「若手の登竜門」とも言われるこの大会には、次代のスター選手たちが集結する。今回は参加24カ国の選手の市場価値を調べて、ポジション別のランキングを作成してみた。

 参考にしたのは、移籍情報サイト『Transfermarkt』が発表している推定市場価格。GK、DF、MF、FWの4ポジションにおけるトップ5を、以下紹介する。

※カッコ内は(代表チーム/所属クラブ)
写真=ゲッティイメージズ

▼GK

1位 アルバン・ラフォン(フランス/フィオレンティーナ) 1700万ユーロ
2位 アンドリー・ルニン(ウクライナ/レガネス) 500万ユーロ
3位 ディオゴ・コスタ(ポルトガル/ポルト) 300万ユーロ
4位 ラドスワフ・マイェツキ(ポーランド/レギア・ワルシャワ) 250万ユーロ
5位 アレッサンドロ・プリッツァーリ(イタリア/ミラン) 100万ユーロ

 経験がモノを言うポジションだけに、20歳以下のGKの市場価値はそれほど高くない。そんな中で、唯一1000万ユーロ以上の値をつけたのが、フランスのアルバン・ラフォン。イタリアの名門フィオンレティーナで正守護神を務める20歳は、同胞の先輩アルフォンス・アレオラ(1750万ユーロ/約21.5億)やポルトガル代表GKルイ・パトリシオ(1800万ユーロ/約22億円)といった実力者たちと変わらない評価を受けている。

 残り4選手の評価額は500万ユーロ以下となったが、いずれも将来性豊かなタレントばかり。アンドリー・ルニンは18歳でウクライナA代表デビューを果たし、昨夏にレアル・マドリードに引き抜かれたという実績を持つ(今季はレガネスにレンタル)。ディオゴ・コスタは、ポルトで正GKを務めるイケル・カシージャスから“後継者”に指名された有望株だ。そして“GK大国”のポーランドとイタリアで守護神を務めるラドスワフ・マイェツキとアレッサンドロ・プリッツァーリも、世代屈指との評価を受ける選手たちだ。

▼DF

1位 ダン・アクセル・ザガドゥ(フランス/ドルトムント) 3000万ユーロ
2位 エヴァン・ヌディカ(フランス/フランクフルト) 2200万ユーロ
3位 ブバカル・カマラ(フランス/マルセイユ) 1500万ユーロ
3位 ディオゴ・ダロト(ポルトガル/マンチェスター・U) 1500万ユーロ
5位 ディオゴ・レイテ(ポルトガル/ポルト) 500万ユーロ
5位 ルベン・バイナグル(ポルトガル/ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ) 500万ユーロ

 DF部門はなんと、フランス勢とポルトガル勢が上位を独占した。ダン・アクセル・ザガドゥの3000万ユーロ(約37億円)という評価額は、今大会に参加する全504選手のなかでもトップ。さらに、エヴァン・ヌディカも全体2位タイとなる2200万ユーロ(約27億円)と試算されている。彼らにGKラフォンを加えた3選手だけで市場価値は6900万ユーロ(約85億円)と、フランスの守備陣は高額プレーヤーが目白押しだ。

 一方、ポルトガルでは、プレミアリーグを舞台に成長を続けるディオゴ・ダロトとルベン・バイナグルの両サイドバックが高い評価を受けている。特にダロトは、ポルトに在籍していた昨年2月時点の評価額が175万ユーロ(約2億円)と、この1年あまりで9倍近い伸びを記録。今大会の活躍次第では、さらに市場価値を高めることになるかもしれない。

▼MF

1位 ジェドソン・フェルナンデス(ポルトガル/ベンフィカ) 2200万ユーロ
2位 フロレンティーノ・ルイス(ポルガル/ベンフィカ) 1000万ユーロ
3位 イ・カンイン(韓国/バレンシア) 750万ユーロ
4位 ミカエル・キュイザンス(フランス/ボルシアMG) 650万ユーロ
5位 ヤシン・アドリ(フランス/ボルドー) 550万ユーロ