2015年7月27日放送の「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)。東京、大阪出身のウォッチャーコンビが、今回の番組で気になったところをチェックする。

東京人と大阪人がともに気になったのは、京都の「お客に手料理出すの禁止」という暗黙のルール。大阪人は近所なだけに「ええかっこしぃ」と一刀両断だが、東京人はちょっと気持ちがわかるという。

画像はイメージです(Moyan_Brennさん撮影、Flickrより)

大阪の目線→「一度は聞いたことがあるあの曲を調査した件」

一度は聞いたことがある"あの曲"を調査した件に出てきた、「吉本新喜劇のオープニング曲」の原曲が「恋人を取られて」というタイトルで、失恋の曲だったとは知らなった。小学校の時から土曜日のお昼に必ず聞いてた曲やから、完全に吉本新喜劇のオリジナル曲やと思ってたわ。

あと気になったのが、京都の独自ルール。「来客に手料理を出すことは失礼になる」んやって。仕出しや懐石料理の出前を頼んで、出すらしい。「ええかっこしぃ」の京都らしいなぁと思ったわ。「かっこつけてない」と反論されそうやけど、「お昼時に来客が来たら三千円ほどの仕出しを出す」と言ってた京都人のお母さんが「正直お昼時には来てほしくない」って言った。めっちゃかっこつけてるやん。

大阪やったら「手料理出さなくて、手抜きみたいで悪いねぇ」って感じになるし、仕出しや懐石を取るなんて、大歓迎の時に頼むもんやけどなぁ。やっぱり京都人は謎やわ。(大津と言えば泉大津さん・大阪出身)

東京の視点→「様々な禁止事項を調査した件」

岐阜県の地区でうなぎを食べるのは禁止ってヤバイな。人生の半分は損してるぞ。東京は江戸前うなぎの柳川や天ぷら、刺身まであるくらいうなぎ好きだから考えられないわ。で、兵庫県の淡路島ではカニを食べるの禁止って更にヤバイわ。東京がもしカニ禁止地域だったら引っ越すよ。

京都ではお客に手料理出すの禁止っていうのは、少しだけ分かる気がする。こっちでは手料理が失礼っていうよりは、見栄をはって外食につれて行くのが多いよね。地方の友達がきたら青山のイタリアンにつれて行くみたいな(笑)。

食べ物系の禁止って辛いよね。そう考えると東京って自由だし、なんでもあるしほんと恵まれてるわ。(プレゼントボックスさん・東京出身)

東京の視点×大阪の目線東京と大阪、2人のウォッチャーが、東西それぞれの目で同じテーマをウォッチ。
東京人の「視点」と大阪人の「目線」、あなたが共感できるのはどっち?