16日、大韓航空の趙顕娥前副社長が自社の旅客機に乗った際、ナッツの出し方に激怒して搭乗口に引き返させた問題で、韓国メディアは「大韓航空は危機管理に失敗した。真相にふたをしたことが逆に大きな災いとなった」と伝えている。写真は大韓航空機。Record China

大韓航空の「ナッツ引き返し騒動」が平昌五輪に影響する可能性

ざっくり言うと

  • 大韓航空の「ナッツ引き返し騒動」が、平昌冬季五輪に影響する可能性もある
  • 副社長の父である同社会長は、2018年の平昌五輪の大会組織委員長
  • 同五輪については、財政難による競技会場建設の遅れも指摘されている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング