ロボットを遠隔操作して巡る「夜の美術館」(動画あり)

写真拡大

英国にある有名な美術館テート・ブリテンで、ロボットの目を通して「夜の美術館」を探検する試みが行われた。

「ロボットを遠隔操作して巡る「夜の美術館」(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

閉館になった後の「夜の美術館」はどうなっているのだろう? これは魅力的なテーマなので、いくつかの映画もつくられている。

ロンドンにある有名な美術館「テート・ブリテン」では、遠隔操作ロボットの目を通した夜の美術館探検が実現した。同美術館が今年から始めた、デジタル業界のクリエイティヴな才能を発掘するためのコンテスト「IK Prize 2014」で1位になったプロジェクト「After Dark」だ。

After Darkでは、8月13日(英国時間)から5夜連続で、夜の美術館をひとりで過ごす疑似体験ができるようにした。カメラを搭載した4台のロボットが、夜の美術館を移動し、実況付きの動画ストリームを見ることができたのだ。ロボットを操作する人がデジタル・キュレーターになる。

ロボットの最初の遠隔操作を行ったのは、国際宇宙ステーション(ISS)の元船長であるクリス・ハドフィールド大佐だ。同大佐は、カナダのトロントにある彼のオフィスから遠隔操作を行った。

テート・メディアのクリエイティヴ・ディレクターを務めるジョン・バートンは、「世界中から視聴する新しい訪問者たちに、美術館を案内したい。そもそも、美術館を夜にひとりで見て回るのを夢見たことがない人がいるだろうか」と語っている。

After Darkのロボットを開発したのは、デザインスタジオ「The Workers」と、英国宇宙局にも協力している英国科学技術施設会議(STFC)の「RAL Space」だ。

TAG

ArtMuseumRobotVideoWiredUK