存在感高まる「ようかん」(写真:アフロ)

写真拡大

 お茶菓子の定番「ようかん」が、アウトドアの世界に進出していま大人気という。どういうことなのか。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏が解説する。

 * * *
「ようかん」に復権の兆しがある。昨年2016年の家計調査(総世帯)によれば「ようかん」への支出は前年の698円より約8%、53円増の751円。過去10年間でもっとも多い数字となった──。

 と、論拠にするにはいささか心もとない額ではあるが、このところ「ようかん」や「あんこ」に復権の兆しを感じることは確かに多い。とりわけ「ようかん」には、従来のイメージを打ち破る新しいタイプのアイテムが続々と登場している。

 それまで「和菓子」という枠内でのみの勝負にとどまっていたようかんに、スポットライトを当てたのは井村屋だった。2008年に発売した「えいようかん」は5年という長期保存を可能にした。そもそも糖度の高いようかんには1年以上の保存が効く製品もあったが、明確に「非常食」という性格を持たせたこともあって、震災時のための保存食として注目を浴びた。

 そして機能性食品としての「ようかん」の性格を決定づけたのは、同社が2012年に発売した「スポーツようかん」だった。長距離ランナーやサイクリストにとって気軽に栄養補給ができ、登山者にとって携行性の高い非常食としてブレイク。

 それまで人気だったチョコレート系の携行食と違い「気温や体温で溶けず」「塩分も同時に摂取できる」と評判も上々。2014年には開封性を高めた「スポーツようかんプラス」、今年2017年8月にはチョコレート風味の「スポーツようかんカカオ」と次々に新機能や新フレーバーを投入。売れ行きも順調だという。

 まったく新しい切り口の「ようかん」もある。北海道・北見の和菓子店「清月」は今年4月「飲む羊羹ICHIZU」を発売。そのまま飲んでもいいし、トーストやかき氷にかけるなどの食べ方提案も行っている。また、先週から福井県あわら市で行われていた、人気マンガ『ちはやふる』(末次由紀)の街巡りイベント「ちはやふるweek inあわら」でも作中に登場した架空の和菓子「飲む汁ようかん」が実際にふるまわれるなど、「ようかん」の新形態が各方面に出現しているのだ。

 今月26日まで三越日本橋本店でも「あんこ博覧会」なる催事が行われており、ようかんや大福はもちろん、アイスクリームスタンドのようにあんこが並ぶあんこスタンドなどさまざまな「あんこ」がお目見え中。銀座のベーカリーには焼きたての「あん食パン」に長蛇の列ができ、この夏、セブン-イレブンでも「あん食パン」が発売された。

 来年2018年には、日本を代表する和菓子店、とらや赤坂本店の3年間に渡る建て替え工事も完了し、いよいよ営業を再開する。舞台は整った。ようかん&あんこ、復権のときである。