蓮舫新代表の「二重国籍」問題 法務省が国籍法違反に当たる可能性を指摘

ざっくり言うと

  • 法務省は15日、民進党の蓮舫新代表の二重国籍問題について見解を明かした
  • 日本国籍取得後も台湾籍を残していた場合、国籍法違反に当たる可能性がある
  • 「事案ごとの判断になるので一概には言えない」と強調している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング