マツコ・デラックスが鞘師里保のモー娘。卒業に怒り 事務所に対する発言に規制音

写真拡大

27日放送の「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日系)で、マツコ・デラックスモーニング娘。を卒業した鞘師里保について語る際に規制音が入る事態となった。

番組で「NHK紅白歌合戦」の話題で盛り上がった後、有吉弘行が「アレ大変なことなの? 何か結構好きな人騒いでるね、モーニング娘のあの子がやめるの」と切り出した。するとマツコは「鞘師?」とすぐに反応をした。

グループで数多くのセンターを務めてきた鞘師は去年10月、卒業することをブログで発表し、大晦日を持ってグループから脱退をしている。

マツコは「その話する? 1時間くらいしゃべっちゃうけどいいの?」とヒートアップして、感情がおさまらないのか「アレはもうホントにもう…」と呆れ返るようにこぼす。

ついには「あの子をあんな辞めさせ方しかできないあの事務所は××!」と発言をしたが、「バキューン!」と銃声の規制音が被せられ、マツコの口元も番組ロゴで覆い隠されていた。

さらにマツコは「あの逸材を、あんなね…」と続けて、通常は行われる卒業コンサートがなかったことにも言及し、ひとこと「悲しい」と口惜しそうに言うと、有吉も「悲しいんだね、やっぱね」と理解を示した。

有吉は、昨年引退したミスタープロレス・天龍源一郎を引き合いに出して、65才までやりきった天龍には「もう、いいです。天龍さん、もう引退してください」と思う一方、「そうはいかないよね、鞘師はね」と言うと、マツコは「そうだよ! 17だからね! これからだから、本当に」と憮然とした表情で語っていた。

【関連記事】
マツコ・デラックス 「NHK紅白歌合戦」に対する批判に反論
モーニング娘。′15の鞘師里保が後輩を叱った番組映像に本音「自分でも怖い」
有吉弘行 テレビ局内でファンに腕をつかまれトイレに引きずり込まれる恐怖体験