内田新菜インスタグラムより

写真拡大

 今月、グラビアアイドルほしのあきが、ファッションブランド「Ninamew」のプロデューサーである内田新菜がInstagramに投稿した画像で久々に顔を見せ、ネット上で大きな話題となった。「胸がしぼんでる」などと過去の“豊胸疑惑”は再燃したものの、とりあえず本人は元気な様子だ。

 2011年、人気グラドルとして活躍していたほしのが、JRA騎手の三浦皇成と「歳の差できちゃった婚」したのは記憶にある方も多いだろう。結婚後は女児を出産し、順調な生活を歩んでいた。

 ところが2012年、オークション詐欺のいわゆる「ぺニオク騒動」の当事者の一人としてほしのが警察に事情聴取を受けてから状況は一変する。ほしのは表舞台から姿を消し、妻の愚行に夫である三浦は激怒。その後三浦は合コン、女子大生とディープキス、不倫などを次々にウワサされ、“離婚秒読み”ともいわれるようになってしまった。

 もともと、ほしのはフジテレビの競馬番組で女性ナビゲーターとして出演し、「ハシッテホシーノ」といった競走馬の命名もしたが、同馬のデビュー戦に騎乗した三浦と番組の取材で知り合ったのが馴れ初めである。その後、2人は意気投合、交際する運びとなった。

 しかしこの交際、そして結婚に猛然と反対していた“3者”が存在した。

 1人目は三浦の母親で、三浦騎手が競馬学校に入学する際「避妊具」を持たせたのは有名な話だという。「かなり厳格なお母さんだったと聞きます。13歳も年上のタレントと交際は認めないと、かなり強気だったようですね」と関係者は語っている。

 もう1人は、当時三浦が所属していた河野厩舎の河野通文元調教師だ。武豊騎手の新人記録「69勝」を更新したのは「河野師のおかげ」とされており、彼が馬主や各厩舎に声をかけて馬を乗せてもらえるよう交渉しなければ、今の三浦騎手はない、と関係者が断言するほど。騎手として飛躍が見込める時期に、女にうつつを抜かしている三浦騎手が許せなかったということだ。

 大事な時期に、オンナに振り回されては困る……その論理は十分に理解できる話だ。母親と師匠が、三浦を心配するのは当然だろう。ただ、2人の結婚に反対していたのは近しい人物だけではなかった、なんとあの日本中央競馬会(JRA)も、2人の結婚には反対だったという。

「21年ぶりに新人年間最多勝記録を大幅に更新した三浦騎手は、JRAにとって新たなスター候補。22歳の若さでできちゃった婚という結果は本当に最悪でした。騎手のイメージを下げる要因にもなり、これを境に競馬タレントが必要以上に騎手に近づくことを禁止したほどです」(同)

 ほしのにとっては、まさに“八方塞がり”の状況だったといえよう。その「打開策」が、できちゃった婚だったということだろうか。それを裏付けるように、妊娠の発覚からプロポーズ、周囲への説得、入籍、結婚式と驚くほどスピーディーに事が進んでいる。

 現在も夫婦関係は継続中だが、稼ぐ道を失ったほしのが「年収1億円」ともいわれている夫にすがっているともっぱらである。猛反対した“3者”のみならず、この「13歳差婚」は当初から世間からもその関係を不安視されていたが、現在の状況はその危惧が的中した結果なのかもしれない。

“力技”で結婚したものの、ぺニオク騒動で表舞台から去ったほしの。そして、結婚後は思うように成績が伸びず、他の女に走っている三浦皇成。2人の関係は当分の間、予断が許されないだろう。