大雪のためJR京都線などが長時間立ち往生した問題で、国土交通省が先ほど、JR西日本に対し、「再発防止に必要な措置を講じるよう」指導したことがわかりました。【写真を見る】【独自】国交省がJR西日本に“再発防止策”を講じるよう指導JR京都線などの長時間の立ち往生で乗客を9時間以上乗せたままの列車もあったことから、乗客の救助などに関する社内での情報伝達の在り方などを検証し、報告するよう求めたということです。国