新国立競技場の建設地から人骨が見つかる 保管場所に苦慮テレ朝news

新国立競技場の建設地から人骨が見つかる 保管場所に苦慮

ざっくり言うと

  • 新国立競技場の建設地から江戸時代に埋葬された人骨187体が発見された
  • 近年、都内各所で人骨が大量に発見され、その保管場所に苦慮しているという
  • 専門家らは重要な研究対象として保管場所の確保を求めているとのこと

ランキング