「本当に今、幸せだ」…香取慎吾と草剛の“ぶっちゃけトーク”に感じた「SMAP再結成」の現実味

写真拡大 (全2枚)

「まさかここまで本音を話すとは……」

そう語るのは民放キー局のプロデューサーだ。

SMAP香取慎吾が、5月19日放送の『日曜日の初耳学』(TBS系)にVTR出演。’16年に起きたSMAPの解散騒動の舞台裏を赤裸々に語った。

香取はスタジオにいた草磲剛と当時のやりとりについて

「あの時、本当にどういう選択をすればいいのかっていう時に、みんなそれぞれ話した中で、彼の言葉で、僕の人生でとても大きかったのは『わかった、オレは慎吾と南の島で暮らす』って言ったんですね。『ふざけんな。そんなこと言っている場合じゃないんだ』と。でも、それを大きな声で投げつける草磲剛はマジなんですよ」

と回顧。続けて

「僕はその時期、メディアやいろんなところに『香取慎吾引退』『海外に留学か』と報じられて『いや違う、俺はやるんだ』っていう思いでいるのに、南の島に誘うんです。でも、冗談じゃないから。

僕が凝り固まって、苦しそうだったから、南の島行こうぜと。彼は本気なんですよ。その本気がカッコいいよね」

と草磲の何気ない“ひと言”に感謝の言葉を並べた。

当時を振り返ると、SMAP全員での独立の流れが木村拓哉のジャニーズ事務所残留で白紙に。香取と木村の間には修復しがたい亀裂が入った。

後日、故ジャニー喜多川氏が中居正広、草磲、香取を呼び寄せ、必死に思い留まるよう説得したが、香取がその申し出を固辞したといういきさつがある。

当時取材したメディア関係者によると

「中居は最後までグループを存続させようと抵抗していたが、香取が頑なにNOだった。その様子を見た草磲は香取の気持ちに寄り添った。

当時は本当にピリピリしていたが、まさかその裏側で南の島をめぐるやりとりがあったとは……。とても驚いた」

と話す。

香取の感謝の言葉に草磲は

「普段、あんなに僕のことを褒める機会ってないので、ジンとしました」

と感慨深げにコメント。続けて

「大変な時期とか、乗り越えないといけない時期っていうのはあったので。ともに人生の選択をした仲間。隣に慎吾ちゃん、(稲垣)吾郎さんがいてくれて、いろいろ形は変わりましたけど、本当に僕は今、幸せに挟まれているな」

と噛みしめるように語った。

かつてSMAPが在籍していたジャニーズ事務所は昨年の故ジャニー喜多川氏の“性加害問題”で消滅。補償業務を行う『SMILE-UP.』と、タレントのマネジメントおよびエージェント業務を行う『STARTO ENTERTAINMENT』に分かれた。

そのタイミングでウワサされたのがSMAPの再結成。STARTO社の福田淳社長が再結成に含みを持たせたことで、がぜん現実味を帯びたが……。

「今回の香取さん、草磲さんの口ぶりを見るとその目はないだろう。もうSMAPは過去の話。メンバーは全員、新たなステージで活躍している。再結成して“時計の針を戻す”メリットがない」(前出・民放プロデューサー)

最近では、放送作家の鈴木おさむ氏がSMAP騒動下で放送されたフジテレビ系『SAMP×SMAP』での“公開処刑”とも呼ばれた、メンバー全員でジャニー喜多川氏へ“生放送謝罪”したことの裏側を著書で明かし話題となった。

「もちろん『書きますよ』という了承は得ている。つまり当事者間ではSMAPは猯鮖砲砲覆辰伸瓩箸いΔ海函2かしむことはあっても、再び集って活動する可能性が極めて低いと思う」(同・民放プロデューサー)

メンバーで唯一旧ジャニーズ事務所に残留した木村拓哉もSMAP解散についてはほとんど触れたことがない。決して引け目を感じているからではなく、俳優やソロ歌手としてすでに歩みを進めているからだ。

もはや「SMAP再結成」は毎年の風物詩のようなものかもしれない……。