TBS NEWS DIG Powered by JNN

写真拡大

元近鉄・中日・オリックス投手の佐野慈紀さんが自身のブログを更新し、自身の体調やリハビリの状況を報告しました。
佐野さんは今月初旬に感染症の悪化による右腕切断手術を受けたことを明かしていました。
 

【写真を見る】佐野慈紀さん 「気持ち悪くなり嘔吐」「体がだるいです」 右腕切断手術後の状況明かす



佐野さんは「今日1日」と、綴ると「慌ただしい日中でした。」と、投稿。

続けて「朝食を取った後、検査室に向かい 診察途中で気持ち悪くなり嘔吐。。。」と、綴りました。

そして「昼食を取った後の数時間後にリハビリ開始。心地よい疲れと思った以上に落ちてる体力にがっかりした次第です。」と、明かしました。

更に、佐野さんは「部屋に戻ると気持ち悪くなりまたまた嘔吐」「何だか体がだるいです。。」自身の体調を報告。

そして「明日もまた頑張ります。 健康第一 みんなかかや毛〜」と、ファンに呼び掛けています。
 



佐野さんは、自身の誕生日となる先月30日にブログを更新し「2024/05/01 感染症が進み明日右腕を切断する事に」と、投稿。「ありがとう。失われた右腕」「これも長い人生の一つ。そう思いたい」「元来ただの強がり。ならば命ある限り強がって生きる。やる事はまだまだたくさんある。目一杯抗いでやる。」と、闘志ともとれる思いを綴っていました。」
 



【担当:芸能情報ステーション】