新生「Vポイント」の発表イベントに出席した俳優の吉高由里子さん(右)と小栗旬さん=22日午前、東京都目黒区

 三井住友フィナンシャルグループ(FG)が展開する「Vポイント」とカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の「Tポイント」が22日に統合し、新生「Vポイント」としてサービスを始めた。楽天グループなどポイント経済圏で先行する携帯各社に対抗する狙いだ。ただサービス初日からポイントの使用や残高確認ができなくなるトラブルが発生。Vポイントの運営会社は「大変申し訳ない」としている。

 会員数は、それぞれの重複を除くと単純合算で計8600万人。Tポイントの提携先だった国内15万5千店に加え、国内750万店を含む世界1億店のビザ加盟店で使える。

 Tポイントは2003年に生まれた共通ポイントの草分け的存在。名称はなくなるが、既に持っているTポイントとプラスチックのTカードはそのまま使える。アプリの手続きで新生Vポイントとして合算もできる。支払い時にTポイントがたまる提携先はVポイント提携先になる。