左:2007年デビューの116710LN-右:2024年にデビューした126710GRNR

写真拡大

―[腕時計投資家・斉藤由貴生]―

 腕時計投資家の斉藤由貴生です。
 4月9日にロレックスが今年の新作を発表。とうことで、今回は今年の新作と、それが相場に与える影響を解説したいと思います。

◆新作発表の歴史

 ロレックスに限らず、多くの腕時計ブランドは毎年3月頃に『新作』を発表する傾向があります。これは、かつて開催されていた「バーゼルワールド」の影響だといえます。バーゼルワールドは、2020年まで開催されていた時計の見本市イベントだったのですが、以前は、多くの腕時計ブランドがバーゼルで新作を発表するという流れがあったのです。

 リシュモングループなど、「バーゼル」に参加しないという腕時計ブランドがありましたが、そちらはSIHHという見本市に参加。かつてSIHHは毎年2月頃の開催だったため、いずれにせよ2月3月といった時期が『新作腕時計』が発表される時期に変わりありませんでした。

 インターネットが普及してからも、しばらくの間、一般的な時計ファンが「今年の新作」を知るのはリアルタイムではありませんでした。それら新作をまとめた時計雑誌が、毎年5月頃に発売される傾向があったのですが、それを見てようやく「その年の新作を知る」という流れがあったのです。なぜそうだったかというと、昔はロレックスといった有名時計ブランドがネットでの発表に消極的だったからです。

 しかし、2010年代になると状況は一変。新作は各ブランドの公式サイトで発表されるようになったわけで、「バーゼルワールド」も消滅してしまったのです。

 そして今や、ロレックスの新作発表は、アップルの新作発表並の注目度となっており、WEBで公開される情報を多くの人が待ち望んでいるといえます。

◆今年の新作発表

 今年、ロレックスから発表された新作をざっくり説明すると以下の通り。

・黒ベゼルの「GMTマスター2」 型番:126710GRNR
・K18素材の「ディープシー」 型番:136668LB
・プラチナ素材の「1980」 型番:52506

 以上が基本的な新モデルだといえ、その他にデイトナのダイヤ装着モデル(126589RBR等)が発表されています。

 また、デイデイトも新作として発表されたのですが、型番自体は以前から存在。新しいカラーの文字盤がデビューしたといった規模であります。

 昨年、2023の新作発表ではデイトナの全てのモデルがフルモデルチェンジされるなどしたことを考慮すると、今年の新作発表は地味だといえるかと思います。

 とはいえ、新作発表は毎年「派手」というわけでもないため、今年のような規模の新作ラインナップは、あくまで正常だといえるでしょう。

 また、今年の新作発表のタイミングで「シードゥエラー ディープシー」が、「シードゥエラー」から独立。単に「ディープシー」というモデル名に変わりました。その結果、文字盤上からも「SEA-DWELLER」の文字が消え、単に「DEEPSEA」だけに変更。特に、136660の黒文字盤のは「DEEPSEA」の表記部分が変更されたため、雰囲気が変わったといえます。

◆新作発表時に発覚するもう1つのこと

 さて、新作発表時に「判明」することがもう1つあるのですが、それが「生産終了」になったモデルであります。現在では、ロレックスの公式サイトから消滅するということが、すなわち「生産終了」を意味することになっているわけですが、今年消滅したのが「ヨットマスター2」であります。

「ヨットマスター2」は、2007年に登場したスポーツ系モデルの最高峰で、当時のロレックスとしては唯一、複雑機構(=レガッタクロノグラフ)が搭載されたモデルであります。ヨットマスター2登場まで、ロレックスはあえて複雑機構モデルを用意しないといった印象があったため、ヨットマスター2が登場したときは衝撃的だったといえます。