器ちっさ…!初デートの開始早々、彼が“超絶フキゲン”になった驚きの理由
「初デート遅刻しちゃった私も悪かったとは思いますが、たった2分であんなにも不機嫌になられると、こっちも気分悪くなるっていうか……」

 3ヶ月前のデートを振り返り、そう話すのは佐藤桃子さん(仮名・30歳)。桃子さんはマッチングアプリで出会った男性と初デートをした際、彼の器の小ささに仰天したといいます。

◆ついに彼氏候補を発見!2〜3日に1度電話する仲に

 これまでに15名ほどの男性とマッチングアプリで知り合い、デートをしてきた桃子さん。しかし、どの男性ともあまり話が盛り上がらず、2回目のデートに繋がりませんでした。

 そこで思いついたのが、会う前に電話で話してみようという作戦。通話時間は、1回5〜10分。チャットでの会話が盛り上がった男性と電話をし、実際に会っても会話が楽しめる相手かどうか見極めることにしたのです。

「電話だから分かることって、結構あるんです。今、相手は緊張しているなとか女性と話し慣れている人だなとか、声色で感情が伝わってくるので、チャットよりも人柄が分かる感じがありました」

 そうした中で仲良くなったのが、同い年の桂木昌平さん(仮名)。2人の仲は急接近し、気づけば隙間時間に電話をするようになりました。

「2〜3日に1回は電話をしていましたね。彼と話すのが、自然と日常生活の一部になっていきました」

 出会いから2週間後、電話で距離を縮めた2人は初デートをすることに。「彼とは上手くいく予感しかしない」と、桃子さんは期待に胸を膨らませていました。

◆初デートで2分遅刻しちゃったら彼が“スネ男”に!

 待ちに待った初デートの日、桃子さんは遅刻をしないよう、余裕をもって家を出ましたが、途中でトイレへ行きたくなり、コンビニへ。すると偶然、職場の上司に遭遇!

「急いで避けようとしましたが、気づかれてしまいました。上司なので、話している時間がないと強くは言えなくて……。解放された後、急いで電車に乗りましたが、待ち合わせ時間には2分遅れてしまいました」

 待ち合わせ場所には、すでに昌平さんの姿が。申し訳なさを感じた桃子さんは小走りで昌平さんのもとへ駆け寄り、遅刻したことや遅れた理由を話し、謝罪しました。

 しかし、昌平さんは不満そうな顔をしたまま。「初デートに平気で遅れることができる人なんだ……」と、ひとりごとのような愚痴を小声で漏らしました。

「何度も謝りましたが、彼の態度は変わらなくて……。約束していた通り、映画を見ようという流れにはなりましたが、彼は無言のまま早歩きで映画館へ向かいました」

 途中、桃子さんが「ごめん。ヒールだから、そんなに早く歩けない」と伝えても、昌平さんは聞こえないふりをしたまま、早歩き。楽しみにしていたデートは、最悪の始まり方をしてしまいました。

◆映画後も不機嫌のまま

 映画を見終わった後も、昌平さんの機嫌は直りませんでした。

「映画、面白かったね!」と桃子さんが言えば、「俺はそんなに好きじゃなかった」と反論。「主演の女優さん、綺麗だったね」と言ってみても、「俺は好みじゃない」と一蹴。

 まるで、価値観に相違があることを暗に伝えようとするかのような昌平さんの態度に、桃子さんも辟易してしまいました。

 このままだと、互いに楽しくない時間を過ごしているだけになる。そう思った桃子さんは「ちょっと早いけど、解散しようか」と提案。すると、昌平さんは素直に承諾し、「近くの駅まで車で送るよ」と、初めて優しい一面を見せました。

「車内は地獄でした。お互いに、この人はないと思っているので、会話を頑張ることもなく、終始、沈黙でしたね」

◆「もう会いたくないから忘れ物は絶対にしないでね」と言われて

 駅に到着すると、昌平さんは過剰なほど「忘れ物はない?」と何度も桃子さんに聞いてきたそう。そこで、桃子さんが「そんなに何回も聞かなくても大丈夫だよ」と答えると、昌平さんは別れ際に「もう会いたくないから忘れ物はしないでね」と念押しをしてきました。

「びっくりしました。私も同じ気持ちだけど、そういうことって口に出す必要があるのか考えないのかなって思って……。相手がいい気持ちにならないこと、普通に分かりますよね」

 デート後、毎日きていた昌平さんからのトークはなくなり、日常的な電話もパタリとかかってこなくなったそう。

 桃子さんは「これでよかったんだ」と思う反面、寂しくなると自分があの日遅刻しなかった場合の世界線を考えてしまうのだとか。心の痛みが癒えるまでには、まだまだ時間がかかりそうです。
<取材・文/古川諭香>

【古川諭香】
愛玩動物飼養管理士・キャットケアスペシャリスト。3匹の愛猫と生活中の猫バカライター。共著『バズにゃん』、Twitter:@yunc24291