元セクシー女優で現在はフリーライターの「たかなし亜妖」

写真拡大

 元セクシー女優でフリーライターの「たかなし亜妖」がお届けする連載コラム。2016年に「ほかにやることがなかったから」という理由でセクシー女優デビュー。女優生活2年半が経過したところで引退を決意し、現在は同人作品やセクシービデオの脚本など、あらゆる方面で活躍中。
◆月収100万円超えもあり得る「個人ファンサイト」とは

 コロナ以降に急増した個人ファンサイト。一般のモデルやインフルエンサーが登録できるような“非オトナ向け”から、セクシー女優や過激系グラドル、同人作家を対象とした成人向けまで、あらゆるサービスが登場している。

 今はセクシー女優のほとんどが、サイトを経由してファンクラブを開設する。ファンクラブだけで月収100万円超えもよくある話で、下手するとビデオ以上の稼ぎを生み出す可能性を秘めるため、運営に力を入れる人も非常に多いそうだ。

◆瞬く間に広がった個人ファンサイト

 会費5000円から1万円で月に一度or数か月に一度会報が発行され、更新特典でオリジナルグッズがついてきたり、ライブやイベントのチケットを優先申し込みできたり、オフ会の参加権を得られるのが従来のファンクラブ。有名人相手だとオフ会なんてものはほぼ確実に開かれず、ただひたすら会報とチケット申し込みの権利を与えられるだけ……なんてのも普通だった。

 本当に会費1万円の価値があるのか? と人々は思いながらも「好きだから」という理由で、アーティストや芸能人にお布施する。本気のファンからすると上納金数千円から数万円なんて安いものかもしれないが、まだまだLOVEの熱量が上がり切っていないファンは多額のお金を支払うのに抵抗がある。それに、他にたくさん推しがいるのなら、一口あたりのお布施をもう少し抑えたいはずだ。

 そんな様々なファンの在り方に応えられるのが、個人ファンサイト。

 会報を作る費用や手間を省きながらリアルタイム更新が可能。金額に応じてプランを複数設定すれば、たくさんのファンにアプローチができる。“ちょい好き”な層から“ガチ好き”な層にまで幅広く届けば、結果的に自分自身をしっかりと見てくれる人が増えるだろう。

 たまにしか届かない会報よりも、存在を身近に感じられるのがファンサイトのいいところ。お金さえ払えば手軽に推しのコンテンツを楽しめるのだから、様々なファンクラブに複数入会し一推し、二推し、三推しを決めるユーザーが圧倒的に多いそうだ。

◆ファンサイトはなぜ稼げるのか?

 ファンサイトが瞬く間に広がった今、Web上でアホみたいに稼ぐ女優が急増している。こちら側の知識に明るくない人々からすると「そんなに稼げるものなのか?」疑問に思うかもしれないが、ハッキリ言おう。爆発すれば超稼げるぜ、と……。

 そもそも成人向けのファンサイトは、自作のビデオや露出度の高いグラビアといったコンテンツをメインに配信するため、会員限定の動画を常に楽しみたいファンは月額料金を支払ってでも加入する。

 料金プランの多さや価格は女優によりけりだけど、これがファンクラブでの収益を発生させるメイン層だ。要するに、どんなに安いプランでも加入者が多ければ多いほど利益は上がる。

◆単品販売・投げ銭システムも

 サイトによってはプラン加入だけではなく、商品の単品販売が可能な場合もある。例えば月額プラン内で載せた動画のうち、1作品だけを非会員でも購入できるようにする……といった感じだ。これが意外と「キミのことは好きだけど最推しではないんだよな」系の層に刺さり、結構売れる。

 また単品購入により興味を持ってもらい、そのままプラン加入へと繋がる可能性があるのでなかなか侮れないシステムといえよう。